2011年6月12日 (日)

猫足、ところにより新トライ(その3)

えーまずは家を出てストリートを軽く流しながら具合を見ます。

測定データから考えていた程にはフロント周りの怖さは感じないのですが、車体を左右に振るとリヤを中心にステアリングヘッドが振り子のように振れながらハンドルが切れる感触が。リヤが低くステアリングヘッドの位置が高い時に起こりがちな現象です。又、ステアリングが切れてマシンが傾く時に一瞬重さが出るのはおそらくフロントタイヤがねばる為でしょう。

どういう味付けにするか考えながら車体を左右に振ったりフロントブレーキを強くかけたりして挙動を見ます。フロントブレーキをかけたときにフロントフォークが粘って一瞬接地感が抜けそうになるのはフロントの圧ダンピングが若干強すぎるためでしょう。フルブレーキでノーズダイブに不安を感じる時、よくイニシャルをかけてフロントを突っ張らす人がいますがこれは逆効果、圧ダンピングでゆっくり沈ませてやるのは効果的ですが、効かせすぎるとノーズダイブの途中で接地感が抜けたりリーンの時にリヤの動きが遅れたりします。

次に峠に向かう為高速に乗って動きをチェック。不安感や怖さはありませんが予想通りレーンチェンジでステアリングヘッドが寝た後、ワンテンポ遅れてリヤが動き始めます。ここでダンパー調整をしたいのですが、まずはありのままの状態で峠でのチェックをしたいのでじっと我慢。峠に向かいます。

やっと峠に着き、コーナーを走り始めます。やはり極端に不安に感じるようなところは有りませんが、全体にタイヤからのフィードバックが固く、ブレーキングからコーナーに向けてリーンしてゆくときの動きがスムースにつながりません。又、時々急にフロントの接地感が消えてゾッとする事が...これはおそらくステアリングヘッドの高さ、圧減衰、タイヤ空気圧の複合要因でしょう。

オーナーの方はコースでハングオンで走られる事が多いとの事だったのでハングオンも試みてみますが、ブレーキからフロントの回りこみにかけての動きが緩慢でこの様な小さいコーナーの続く峠ではハングオンはできません。やはりステアリングヘッドが高すぎるのは間違い無いようです。又、リヤも低く上手くリヤに荷重をかけられない感じです。

一通り走った後でセッティング開始。まずはタイヤ空気圧から。オーナーが通常フロント2.0、リヤ2.25にしているというので、走行後温間のエア圧を測り、そこから自分の過去のデータや知人のレース時のデータを元にフロント0.3、リヤ0.35落としてトライ。

タイヤのフィードバックから固さが消え、しなやかさが出てきました。

次にダンパーの見直し。峠に来る途中で考えた通りフロントの圧ダンピングを抜き、リヤに荷重が腰砕けにならない様リヤの圧ダンピングを締めこみます。

これでダンパーの動きはだいぶ前後のバランスが取れてきました。

次はいよいよ車体の前後バランスと車高の調整です。(その4につづく)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

猫足、ところにより新トライ(その2)

さてさて、マシンを受け取ったと思ったらいきなりの梅雨入り!(T^T)暫くセッティング作業はおあずけか?と思っていたら思いがけず週末は良い天気。

早速Dトラ君のデータ取りから取り掛かりました。

とはいえ、フロント、リヤ共にダブルレートスプリングに変えてあるこのマシン、静的なデータ取りだけでは素性はつかめません...┐( ̄ヘ ̄)┌ まぁ、とはいえまずは静的なデータをおさえておくのは第一歩。まず乗車1Gから取ってみると...

フロントが沈みません!んで、そのわりに かなりリヤが沈みます!

それに加え、タイヤのエア圧はかなり高めの設定。加えてフロントバイアス、リヤラジアル。どうもデータからは乗り味のイメージがつかめないので百聞は一見にしかず、といつもDトラセッティングの最終確認に使っている峠に持ち込んで実際に乗ってみる事にしました。

オーナーの方が影響を見る為に締めこんだというリヤの伸びダンパーはさすがに固すぎるのでこれは手で押した感じで大体良いところにあわせて出発する事に。

で、その乗り味は...不思議な感じ。具体的なフィーリングは又次回詳しくという事で。

で...セッティングに夢中になって写真を撮るのを完璧に忘れました(T^T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

猫足、ところにより新トライ。

久しぶりにDトラッカー猫足チューンの依頼が来ました。とはいっても今までの猫足依頼とはちょっと趣を異にします。

実はベースになるDトラ、フロントとリヤのスプリングが社外品に変わっていて、さらにステップも約5mmアップの物が付いています。ライダーの方もどちらかというとサーキット志向。

さらにタイヤはFRにIRCのバイアス、RRにブリジストンのラジアルとこれもちょっと今までとは趣向が違います。

とはいえ、まずはあるものを肯定し、その中でベストの組み合わせを見つけたときにこの車体がどれだけのパフォーマンスを見せてくれるかというのも非常に興味あるところです。一般的な猫足メニューではありませんが、この車体ならではの、オーナーの乗り方にあわせたベストなバランスを見つけてゆきたいと思います。

セッティングの経緯は少しづつここでも紹介してゆきますので乞う御期待。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

猫足は行く---久々のDトラネタ

Photo 寒くなっても街を行くバイクの数はあまり減らず、相変わらずD-Tracker乗りの方々も数多く見かけます。皆思い思いにカスタムして楽しそうに...ただ、ちょーっと気になるのが皆のDトラ、本当に思い通りに動いてくれてるのかなーって事。

レーサーDトラ「猫足チューン」をT中さんに譲って暫く経ちますが、とにかく乗り倒してくれています。とにかく楽しいとの事。

このDトラ、FCR以外特別なことは何もしてません....「猫足」チューンを除いて。bleah

あ、ちなみに写真は猫足チューンを1歩進めた「猫足2」チューニングなのであしからず。練習不足でお腹が気になる私が乗ってもこーんなに走っちゃうのですnote

猫足チューンって行っても特別なパーツはなーんにも使ってません。しいていえばフロントフォークオイルを自分で調合したぐらい。あとは全てノーマルでくっついているもののセッティングだけです!happy01

ノーマルでも足周りで触れるところはたくさん有って、その一つ一つがセッティングアイテムです。例えば...

フロントフォークのオイル固さ、油面、突き出し量、圧側ダンパー調整、ステアリングヘッドのグリス、締め付け具合、ハンドル角度、リヤサスのイニシャル荷重、圧側ダンパー、伸び側ダンパー。(それぞれの細かい説明はネットで検索してみてくださいな)などなど...

Dトラッカーはとってもデリケートな車両だと思います。例えば冬に一晩外に置いておいただけでハンドリングが変わってしまったりするんです。sign01

だからDトラに乗っているみなさん、自分のバイクが思い通りに走ってくれているかどうか、よーく感じてみてあげて下さい。

具体的にどの辺を見てあげればよいかは(詳細は企業秘密ですが)おいおい綴って行くとしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

キャブとマフラーとサスペンションと...(その1)

47839639_5021753 T中さんにDトラを譲った後、セッティングを見直していた時の事...

T中号にはFCRがついているのですが、サスを煮詰めてゆくとノーマルキャブの時と比べてリヤの圧側が少し柔らかいところで落ち着きました。T中氏曰く、「大きくスロットルを開けた時、少し圧が緩めでないとトラクションがかかる前にリヤが滑りそうですー」coldsweats01

なるほど。ノーマルキャブだとゆったりと吹け上がるのでリヤのストロークの始めのところからある程度ダンパーを効かせてダンパーでタイヤを押し付けてトラクションを稼いで旋回させるけど、FCRの場合レスポンスが良いのでダンパーを少し緩めてタイヤにかかる負荷をサスのストロークに逃がしてやらないとトラクションがかかる前にリヤがスキッドアウトしてしまうわけですな。

タイヤに必要以上の負荷をかけてタイヤをスキッドさせる事の無いように、路面温度の高い夏場と冷えていてタイヤの食いつきにくい冬場では圧側ダンピングのセッティングを1ノッチ程変えて、トルク変動を程よくサスのストロークに逃がしながらトラクションをかけてゆくようにしているけど、キャブが変わってレスポンスが変わった場合にも全く同じ事が言えるわけです。

そういえば、たがー号CRFのエアボックス加工をテストしている時にも、気温が変わったらリDsc01293ヤサスのストローク具合に違和感を感じ始め、エアボックスの比較テストが終わったところでジェットを気温に合わせ込んだらサスの動きが元に戻ったというのがありました。

トルクの出方が変わるわけだから考えてみればサスの動きが変わるのは当然だけど、とかくエンジンはエンジン、サスはサスで分けて考えてしまいがちなもの。coldsweats01

どうも今ひとつサスが決まらない、なんていうときはエンジンのセッティングを見直してみるのも一つの手かもしれませんよ。flair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

D-Trackerエキゾースト(その3)

だいぶ前にテールエンド改良型のDトラッカーエキゾーストの話をしてから、実際の写真をアップするのをすっかり忘れておりました。(*_ _)人ゴメンナサイ 。

今まではロード風のテールエンドにスーパーモタードMoto3クラスのレギュレーションに合わせてカーボンのカバーをかぶせていたのですが、新型ではバフ仕上げのステンレス一体整形にしてグッとスマートな感じになりました。もちろん特徴的な3本テールは今まで通り。94dbを下回りながらも歯切れの良い音、下から上までストレス無く車体を押し出してゆく性能も今まで通りです!

グラフィックなどのモタードグッズを精力的に展開するMoto禅さんのデモ車にも装着。Kei's Racing Garageチームカラーの車両や一緒にMoto3クラスに参戦していたT中さんの車両など、いろいろ写真を載せてみました!

Keis5

D__0453

Td

Keis3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

サスペンションチューニング=サスペンションセッティング?

「サスペンションチューニング」って言われて何をイメージします?アフターマーケットのダンパー?バルブ変更?フォークオイル交換?それとも....?

Dsc00355_5

本来はチューニングの意味は調律。だからまずは今付いているサスをしっかりメンテして、セッティングしてやるのも「チューニング」だと思うんですよね。

実際、バイクを手に入れると必ず足回りは手を入れますが、今までのうちほとんどはありもののメンテと組み合わせで楽しく乗れるレベルにまでは仕上がっています。

まずはフロントフォークのゆがみ、ねじれ、左右の高さ違いが無いか点検、ステアリングヘッドのグリスアップと締め具合の調整、リンクの点検、グリスアップ。

それが終わったら1G沈下量(またがった時の前後サスの沈み量)を測定。

次にマシンを上から押してみて前後サスのストローク速さを確認、ダンパー調整。

Dsc00455_5

これらが終わったら乗ってみて前後のバランスを確認、フロントフォークの突き出しやリヤのイニシャル、車高調整などで前後荷重のバランス合わせとダンパーの再調整。

ここまでで結構楽しめるマシンになっちゃったりするんです。

写真のDトラレーサーなんかもその一つ。普段は街乗りの足に使っているマシンで足回りで換えたものといえばフロントフォークオイルぐらいで、後はビミョーに各部のバランスを取った自称「猫足仕様」ですけど、モタードレースに出ても結構楽しめるマシンになりました。

右の写真みたいに、フロントのエッジが(ブレーキング方向で!)減るぐらいまで攻め込めたりします。

Dsc00137_3

古いマシンも例外ではありません。もちろん元々の設計でアッチ立てればコッチ立たず、なんてこともありますが、素性のいいマシンだとあまりモディファイせずに結構行けちゃったりします。

28年来の相棒、RD250もその時々の知識や乗り方でいろいろ試行錯誤しましたが、今はリヤサスとライディングポジションの変更以外はフロントフォークオイルの変更と前後バランスの見直しで楽しく攻められるマシンに仕上がりました。今手直ししてるRD250もツーリング用にバランスを見直す以外は同じ路線で行く予定。

アメリカンのイントルーダーも前後バランスの見直しで楽しく乗れる様になりましたし。

なかなかうまく乗れず怖い思いをしているアナタ!もしかしたらソレは実はテクニックの問題ではなくサスセッティングの問題かも知れませんよ?

ノーマルサスじゃダメだと思っているキミ!ノーマルサスを一つ一つ見直してゆく事で驚くほど楽しく乗れるマシンになるかも?どんな素晴らしい楽器でもチューニングが狂っていたら綺麗な音は出せないわけですから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

たかがスプリング、されどスプリング(その2)

アッという間に一ヶ月が経ってしまいましたが、前回の続き....(^^;)

前回はレースが厳しさを増すと共にKei'sリンクのダートでの固さがネガとして見過ごせなくなってきた為、可変レートスプリングを考えるに至った事をお話しましたが、ではどうしたか?Keis_original2bmp_3

ダート区間で柔らかく、ターマックでは固くなりながらも反力があまり立ち上がらない様、ダート使用領域の浅い部分に折れ点を持った2段レートスプリングを製作しました!実際には折れ点近辺で急にレートが変わるわけではなく、スムースに2段目につながってゆく特性です。

ある程度までのストロークではスプリングが柔らかく、そこからレートが上がって、奥のほうでの反力が今までとほぼ揃う様にしておけば、リンクは変わらないのでストロークの奥で急にサスが固くなることも無く、ダート区間ではサスが柔らかいのでトラクションが稼げる、というわけです。

このスプリングは昨年後半戦の伊那ラウンドから投入、ターマックの操安性はそのまま、ダート区間でマシンを前に進めて行ける様になりました。

製作は知人の取引先にお願いしましたが、完成品の実測データまで添付して頂けたのには感謝、感謝です。このぐらい太いスプリングになると線間密着する前に2段目に移行するので、専門家の知識が無いと私だけでは詳細仕様決められないところでした。本当に有難うございます!

ちなみに、見た目にはシングルレートと全く見分けつきません( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

たかがスプリング、されどスプリング...

以前リンクのお話をしましたが、今度はそれと組み合わせたスプリングのお話を...

Stock_linkbmp モトクロッサーのリンクの場合、奥の方でどんどん固くなってゆく特性の為、ターマックでどんどん負荷をかけてゆくと途中で動きが止まってしまい、タイヤを押し付けすぎてリヤの跳ねにつながってしまいます。この為ロードレーサーに近い特性のオリジナルリンクを作ってある程度グリップさせながらもスムースにドリフトしてゆける特性にしたのですが、このリンクだと相対的にストロークが浅いところでサスが固めになる傾向があります。(右のグラフにサスの使用領域とリンクの違いを書いて見ました)

この為、さらにラップタイムを詰めてゆこうとするにしたがって、細かいギャップのある固いダートでリヤが細かくはねてトラクションをかけにくいというネガが目立つ様になってきました。この兆候は特にダートがフラットで乾くと固く、さらに抜きどころの少ない菅生での09年第5戦で特に目立つことに。

Keis_originalbmp_2 

とはいってもリンクをいじると又ストロークの奥の方が固くなってターマックでネガが出てしまいます。そこで今度はスプリングに一工夫を入れてダートでのトラクションとターマックでのスムースな動きを両立することにしました。

スプリングを可変レートにする事でストローク奥の反力立ち上がりを少なくキープしたままストロークの浅いところをもっと柔らかくしてトラクションを稼ぐ手です。

さらに詳しいお話は又次回...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

たかがリンク、されどリンク(その2)

さて、前回はリンクにまつわるお話で、ちょっとしたロッド変更でも大きく特性がかわるんだよー。というお話をしましたが今回は実戦でのお話。Stock_9

御存知の通りモタードはモトクロス車両をベースにしているんですが、と言うことは当然リンクもモトクロス用。と言うことは当然土の上を飛んだり跳ねたり、を前提に作られている。で、それでターマック路面で、スリックで思い切りトラクションをかけながらドリフトしたりするとどうなるのか...

サスにはダンパーとスプリングがあり、これでいろいろセッティングは出来るんですが、ダンパーはストロークスピードのコントロール、スプリングは荷重のコントロールで特殊なものを除いては反発力の出具合に微妙な味付けをすることは難しいです。で、ストロークと反発力の関係をビミョーに味付けしているのがリンクなわけです。

では、モトクロスのリンクはどうかというと、ロード用と比べて奥の方でグーッと硬くなってゆく特性です。コレでターマック上でトラクションをかけてゆくと...実は途中でサスの動きが止まってしまい、荷重がまともにタイヤに入ってしまってドリフトが止まってしまったり、ホイール、タイヤ、スイングアームに無理がかかってタイヤが跳ねだしたり、といういたずらが出たりします。もちろん乗り方にもよるんですけど。Rg3_8

一番上が05CRF250のノーマルリンクを測定したストロークvs.後輪換算スプリングレートのデータです。CRFには特性を穏やかにするリンクが社外品で販売されているそのデータを取ってみたのがその下。同じ数字で横線が引かれているので、下の方が変化が少ないのがわかるでしょうか。

これでだいぶ穏やかな特性になってきたので暫くこれでやっていましたが、さらにペースを上げようとするとやはり又跳ねが出てきてしまう...それなら作ってしまえ、と作ったのがその下のデータ。コレを作るにあたっては過去のロードレースマシンのリンク比データーを参考にしながら、その立ち上がり具合をターマックでのストローク領域に割り振る形にしました。

これは立ち上がり具合が非常に穏やかで、グラフを書くとソフト上で縦軸の線引きが変わってしまうので自分で上の二つと同じ数値のところに線が来るように黒で軸を書き直しました。こうやって比較してみると、ノーマルは横線を4本またぎながら後輪換算スプリングレートがあがっているのが社外リンクで3本をまたぐ程度。オリジナルでは2本をまたぐ程度にまで立ち上がりが穏やかになっているのがわかると思います。Keis2_11

これでスライドしながら進入~クリップ~立ち上がりのつながりがかなりスムースになりました。ちなみにこの曲線、車重や乗り方、路面の荒れ具合でも相性のいいリンク特性が変わってくるので、なかなか手ごわい相手です。

いやホント、たかがリンク、されどリンクです。で、コレだけですまないのがモタード。さらにペースを上げてきてダート区間でのペースアップも狙っていったところ、ビミョーな、けど見過ごせないネガが第5戦菅生あたりで目立ちはじめました。こいつをピンポイントで合わせようとするとリンクだけじゃ難しいな...ということでここからリヤのスプリングを設計してゆくことになるわけです。

で、スプリングの話はまた次回。


Dsc01287

| | コメント (0) | トラックバック (0)