2016年10月21日 (金)

「一度に一箇所」って良く言われるけど?

オートバイに乗って出かけると、出先で他のライダーの方とサス談義になる事があります。で、思うのが結構サスで悩んでいる人って多いのかな。と言う事。
中には周りの方からいろいろアドバイス受けているうちにかえって悩んでしまっている人も...

と言う事で、これからぽつぽつと今まで自分が経験したり考えたりしたサスの事などを書いてみようかと...

 

まず最初は「一度に一箇所」の話。

 

「一度に一箇所」。セッティングのセオリーとして今でも聞く事があります。

 

でも、「一度に一箇所」ってどういうこと?

 

「イニシャルを変えるならイニシャルだけ」低速、高速のダンパーアジャスターがあるサスならいじるときはまずどちらか片方だけ」

 

なるほど...でも、それって本当に「一箇所」だけかわるんでしたっけ?

 

例えばフロントのイニシャルを締め込んだ場合に変わるもの。

 

1G位置を基準にしたときの伸び側ストローク
1G位置を基準にした時のストローク - 反力特性
1G荷重時で見た時の
 フロント高さ
 フロント荷重
 重心高さ

 スイングアーム角度

 

これって触ったところ、やった事は一度に一箇所ですけど、車体側で変わった要素は一つじゃないですよね?

 

では、例えば車体側で変わる要素を出来るだけ少なくする為には?

 

例えば「イニシャルを2mm締め込み、突き出しを2mm増やした」だと?

 

1G位置を基準にしたときの伸び側ストローク
1G位置を基準にした時のストローク - 反力特性
1G荷重時で見た時のフロント高さ=イニシャルで+2mm、突き出しで-2mmと考えれば+/-0。
フロント高さが変わらなければ1Gではそれ以外も変化無し。

 

と言う事で触る場所は2箇所になりますが、かなり変わる要素を減らせますね。

たとえば、「フロントの油面を変えてストローク、反力特性だけを変えたいけど時間が無い!」と言う場合は私は良くこの方法を使います。

 

圧側ダンパー調整でも、

 

低速、高速の1箇所だけだと減衰力特性(減衰曲線)が変わる
低速、高速を調度良いバランスで変えれば特性は変えず減衰曲線全体を動かす事が出来る

 

となって曲線の形を変えず上下に動かしたいだけの場合は両方のアジャスターを触る事になります。

 

ダンパーの伸び、圧調整もまたしかり。

 

圧行程でダンパーオイルが伸び側アジャスターの中を通る物も多い為、伸び側だけを変えたつもりが両方変わっている事も。
この時も伸びだけ変えたいなら圧側も触って圧ダンピングが変わらない様にする必要があります。

つまり...車体に関する要素を1つだけ変えたい場合は触る場所は1箇所とは限らないと言う事。

一度に1箇所...セオリーでは有りますが、1箇所の「何を」変えるのか?を良く見極める事が大切だと思います。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

いい感じでした!

えー、いつも走りに出ると走りとセッティングに集中してしまい写真を撮り忘れてしまいます。という事で今回も...(^-^;

前回、オイルをMOTULに交換し作動の滑らかさは出たものの油面を高めに設定してしまった為ブレーキングからターンインの感触がいま一つだったRD250。今回はフロントの油面を思い切って下げ、ブレーキング時のフロントへの荷重を増やすようにセッティングを変更しました。
同時にシフトの固さに対してはミッションオイルを交換。こちらは今までのHiroko KZ4st 5W-30に変わりHiroko SpecR 5W-30を試してみました。

で、結果は...良好です。ブレーキングでフロントが十分に沈み込みフロントに荷重を乗せてくれるのでブレーキング時の不安感が無くなり、ブレーキをリリースしながらの回り込みも良くなりました。マシンのバンク角は前回より浅くなっており、コーナリング中に上体をインに入れる必要も無くなったので若干コーナリングスピードは落ちているのかもしれませんが、旋回初期で以前より若干ハンドルが大きく切れている事も影響していると思います。何よりラインの自由度が前回より格段に増しているのは魅力です。峠ではラインに自由度をもって危険回避の余裕を持つ事は何より大切ですから。

オイル交換の効果も大で、今までより軽くシフトダウン出来る為、シフトしながらのコーナー進入で余裕が出てきました。今までだとシフトペダルに足をかけてからシフトの為にちょっと力を入れるタイムラグがあり、コーナーの進入操作が遅れる事があったのですが今回は「ストッ」とギヤが入ってくれるので減速時のタイミングも取りやすくなりました。

ただ、ブレーキングの負担がステアリングヘッドにまともにかかって少し心細い感じが出てきたので次はステムベアリングのテーパーレース化が必要かも。また、寝かしこんでギャップに入った時リヤ周りが若干心細いのでスイングアームのメタルを今もアメリカで売られている砲金製に変えてみるのも手かもしれません。まぁ、今のバイクならテーパーレースもスイングアームのニードルベアリングも当たり前なんですけどね。

とりあえずはリヤサスに少しオイルが滲みだしたのでまずはリヤサスのOHから。これは異常の無い右側ダンパーのダンパーフォースのデータを取っておいてもう一台のRDのセッティングにも生かしてゆくつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

猫足、ところにより新トライ(その3)

えーまずは家を出てストリートを軽く流しながら具合を見ます。

測定データから考えていた程にはフロント周りの怖さは感じないのですが、車体を左右に振るとリヤを中心にステアリングヘッドが振り子のように振れながらハンドルが切れる感触が。リヤが低くステアリングヘッドの位置が高い時に起こりがちな現象です。又、ステアリングが切れてマシンが傾く時に一瞬重さが出るのはおそらくフロントタイヤがねばる為でしょう。

どういう味付けにするか考えながら車体を左右に振ったりフロントブレーキを強くかけたりして挙動を見ます。フロントブレーキをかけたときにフロントフォークが粘って一瞬接地感が抜けそうになるのはフロントの圧ダンピングが若干強すぎるためでしょう。フルブレーキでノーズダイブに不安を感じる時、よくイニシャルをかけてフロントを突っ張らす人がいますがこれは逆効果、圧ダンピングでゆっくり沈ませてやるのは効果的ですが、効かせすぎるとノーズダイブの途中で接地感が抜けたりリーンの時にリヤの動きが遅れたりします。

次に峠に向かう為高速に乗って動きをチェック。不安感や怖さはありませんが予想通りレーンチェンジでステアリングヘッドが寝た後、ワンテンポ遅れてリヤが動き始めます。ここでダンパー調整をしたいのですが、まずはありのままの状態で峠でのチェックをしたいのでじっと我慢。峠に向かいます。

やっと峠に着き、コーナーを走り始めます。やはり極端に不安に感じるようなところは有りませんが、全体にタイヤからのフィードバックが固く、ブレーキングからコーナーに向けてリーンしてゆくときの動きがスムースにつながりません。又、時々急にフロントの接地感が消えてゾッとする事が...これはおそらくステアリングヘッドの高さ、圧減衰、タイヤ空気圧の複合要因でしょう。

オーナーの方はコースでハングオンで走られる事が多いとの事だったのでハングオンも試みてみますが、ブレーキからフロントの回りこみにかけての動きが緩慢でこの様な小さいコーナーの続く峠ではハングオンはできません。やはりステアリングヘッドが高すぎるのは間違い無いようです。又、リヤも低く上手くリヤに荷重をかけられない感じです。

一通り走った後でセッティング開始。まずはタイヤ空気圧から。オーナーが通常フロント2.0、リヤ2.25にしているというので、走行後温間のエア圧を測り、そこから自分の過去のデータや知人のレース時のデータを元にフロント0.3、リヤ0.35落としてトライ。

タイヤのフィードバックから固さが消え、しなやかさが出てきました。

次にダンパーの見直し。峠に来る途中で考えた通りフロントの圧ダンピングを抜き、リヤに荷重が腰砕けにならない様リヤの圧ダンピングを締めこみます。

これでダンパーの動きはだいぶ前後のバランスが取れてきました。

次はいよいよ車体の前後バランスと車高の調整です。(その4につづく)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

猫足、ところにより新トライ(その2)

さてさて、マシンを受け取ったと思ったらいきなりの梅雨入り!(T^T)暫くセッティング作業はおあずけか?と思っていたら思いがけず週末は良い天気。

早速Dトラ君のデータ取りから取り掛かりました。

とはいえ、フロント、リヤ共にダブルレートスプリングに変えてあるこのマシン、静的なデータ取りだけでは素性はつかめません...┐( ̄ヘ ̄)┌ まぁ、とはいえまずは静的なデータをおさえておくのは第一歩。まず乗車1Gから取ってみると...

フロントが沈みません!んで、そのわりに かなりリヤが沈みます!

それに加え、タイヤのエア圧はかなり高めの設定。加えてフロントバイアス、リヤラジアル。どうもデータからは乗り味のイメージがつかめないので百聞は一見にしかず、といつもDトラセッティングの最終確認に使っている峠に持ち込んで実際に乗ってみる事にしました。

オーナーの方が影響を見る為に締めこんだというリヤの伸びダンパーはさすがに固すぎるのでこれは手で押した感じで大体良いところにあわせて出発する事に。

で、その乗り味は...不思議な感じ。具体的なフィーリングは又次回詳しくという事で。

で...セッティングに夢中になって写真を撮るのを完璧に忘れました(T^T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

猫足、ところにより新トライ。

久しぶりにDトラッカー猫足チューンの依頼が来ました。とはいっても今までの猫足依頼とはちょっと趣を異にします。

実はベースになるDトラ、フロントとリヤのスプリングが社外品に変わっていて、さらにステップも約5mmアップの物が付いています。ライダーの方もどちらかというとサーキット志向。

さらにタイヤはFRにIRCのバイアス、RRにブリジストンのラジアルとこれもちょっと今までとは趣向が違います。

とはいえ、まずはあるものを肯定し、その中でベストの組み合わせを見つけたときにこの車体がどれだけのパフォーマンスを見せてくれるかというのも非常に興味あるところです。一般的な猫足メニューではありませんが、この車体ならではの、オーナーの乗り方にあわせたベストなバランスを見つけてゆきたいと思います。

セッティングの経緯は少しづつここでも紹介してゆきますので乞う御期待。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月28日 (月)

フロントフォークパニック!!

やっとエンジンが落ち着いてきたと思ったらフロントフォークからオイルが滲んできたRD君。予備のフォーク(というかこちらがもともと付いていたもの)にバフをかけ、こちらもオイルが滲んでいるのでフォークシールを交換し、終わったらフォークを今付いているのと差し替え...で簡単に終わるはずだった...

...想像を超えたワナがそこに潜んでいた...

一本目のフォークを組み、二本目に取り掛かったところで...ん?何かがおかしい。もう一度組んだフォークを開けてみると...オイルロックピースが無い!!その辺に落として無くすような部品でもないので...ということは前オーナーのだてら氏はこのまま乗っていた?!電話をして誰がいつこのフォークをいじったか聞いてみる...すると

「元のフォークがサビがひどかったんでバイク屋で径が同じのSRのインナーチューブと組み合わせてもらったんだよ」

おい!急いで車体についているフォークと長さを比べると...長い。

結局車体についている方のフォークもばらして良い部品を組み合わせる事に。

Dsc01649_2

その時のガレージの写真が私の心の疲れを良く表してますね...

結局バフがけしたアウターだけ使って他は今までの部品を使ってくみ上げる事と相成りました。

まずは1本出来たところで車体に組んで1枚。

そして出来上がったところでもう一枚。アウターチューブが光った事で全体に光が増した気が...

Dsc01654_2

フロントフォークオイルがモデルチェンジしていて新しいのを入れたら伸び、圧とも若干固いのでここは来週にでも乗ってみてNGだったらオイル調合する事としましょう。

Dsc01650_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

猫足は行く---久々のDトラネタ

Photo 寒くなっても街を行くバイクの数はあまり減らず、相変わらずD-Tracker乗りの方々も数多く見かけます。皆思い思いにカスタムして楽しそうに...ただ、ちょーっと気になるのが皆のDトラ、本当に思い通りに動いてくれてるのかなーって事。

レーサーDトラ「猫足チューン」をT中さんに譲って暫く経ちますが、とにかく乗り倒してくれています。とにかく楽しいとの事。

このDトラ、FCR以外特別なことは何もしてません....「猫足」チューンを除いて。bleah

あ、ちなみに写真は猫足チューンを1歩進めた「猫足2」チューニングなのであしからず。練習不足でお腹が気になる私が乗ってもこーんなに走っちゃうのですnote

猫足チューンって行っても特別なパーツはなーんにも使ってません。しいていえばフロントフォークオイルを自分で調合したぐらい。あとは全てノーマルでくっついているもののセッティングだけです!happy01

ノーマルでも足周りで触れるところはたくさん有って、その一つ一つがセッティングアイテムです。例えば...

フロントフォークのオイル固さ、油面、突き出し量、圧側ダンパー調整、ステアリングヘッドのグリス、締め付け具合、ハンドル角度、リヤサスのイニシャル荷重、圧側ダンパー、伸び側ダンパー。(それぞれの細かい説明はネットで検索してみてくださいな)などなど...

Dトラッカーはとってもデリケートな車両だと思います。例えば冬に一晩外に置いておいただけでハンドリングが変わってしまったりするんです。sign01

だからDトラに乗っているみなさん、自分のバイクが思い通りに走ってくれているかどうか、よーく感じてみてあげて下さい。

具体的にどの辺を見てあげればよいかは(詳細は企業秘密ですが)おいおい綴って行くとしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

初乗り!そしてフロント内圧調整

本当は年明け早々の夜中にDトラで少し走ったんですけど、やはりこれに乗らないと初乗りとはいえない!とのことで乗ってきましたRD250.

Resize0052 第三京浜を走って、写真を撮って帰ってきたら何故かデータが保存されていない!bearing という事で写真は去年の初乗りのモノです・・・

この10月に前後タイヤを交換したのですが、サスが新品タイヤだとタイヤのたわみ感が上手く作用してしっかりとした接地感を出しながらコーナリングしてくれます。

ただ、走り出して暫くすると、フロントのブレーキング時に、フロントフォークの動き出しが速い感じが。どちらかというと減衰というよりスプリング反力が不足している感じ。もしかしたらフロントフォークのエア内圧が下がっているのかと思い、帰ってきてからフォークキャップを開けて大気開放したところ、いい感じの反力感が戻ってきました。

モタード車など、エアバルブのついているものではまめに内圧合わせをやるのですが、バルブが無くともまめにフォークキャップを緩めて大気開放をする事の大切さを感じた新春初乗りでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

久々?のRD250ネタ---今度は最終型(何故かポイント点火)です

Photo RDネタ、といってもレーサーRDではありません。友人から譲り受けた79年式RDです。何故かエンジンだけポイント点火の78年型。というわけでやたらな人に譲るわけにもゆかず私が引き取る事となりました。wink

乗っていない間整備はされていたもののやはり30年もの。各部の痛みは隠せません。で、手持ちの部品も導入して、無理にお金をかけず、それでいて長距離もこなせるRDを目指しました。

(メッキのスイングアームとキャリパーサポートに注目!)

D_017

まずは弱ってきている点火コイルをKei's でテスト中の強化コイルに。コイルの強化はアイドリングから中速域までのトルクアップに効果大です。good

D_018 んで、次はあまりにむごいcryingシートベースの交換。これは幸いFRPでリプロ品を作っておられる方がいらっしゃいますのでそこから購入。

FRPなのですがフランジの部分が十分に取ってあるので慎重に

D_015_2 タップスクリューを使って皮を留めてゆきます。この時、スポンジの上に一枚ビニールを張っておかないと縫い目から水が滲みてエライことに...(^^;)

次はRDオーナーならすべからく悩むところ...リヤマスターシリンダーです。これは既に生産中止になっているとの事でしたが、そこは海外部品で切り抜けました。お困りの方はメール下さい。

(注)ブレーキは重要保安部品です、整備士免許があるか免許所持者の監督の元でなければ整備できませんので御注意を!

D_012

古いマスターシリンダーからはカフェオレの様な物に覆われたガビガビのマスターカップが出てきました...こりゃそのまま組めません...

というわけでブレーキの専門家の方ごめんなさい!で使い込んだスコッチブライト(「使い込んだ」がミソ)を使って軽くホーニング、内面を滑らかに。

D_013_2

後はカップグリスとブレーキオイルを塗りながら慎重~に組み立てます。で、ホース類も取り替えて右の様な出来上がり。

これにてひとまず基本的なところは形になりましたが「走る」と「楽しく快適に走る」は別物。ウインドプロテクションやサスペンションセッティング、ジオメトリーセッティングはまだまだこれから。まずは購入してあるリヤサスを分解してダンパー特性をフロントと合わせ、その後前後バランス、重心高とセッティングは進んでゆくのですがここから先は又あとで。

一度きっちり走るようになったらKei's オリジナルチャンバーを装着予定!場合によってはフルトラ化もするかもなので乞う御期待!!happy02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

キャブとマフラーとサスペンションと...(その1)

47839639_5021753 T中さんにDトラを譲った後、セッティングを見直していた時の事...

T中号にはFCRがついているのですが、サスを煮詰めてゆくとノーマルキャブの時と比べてリヤの圧側が少し柔らかいところで落ち着きました。T中氏曰く、「大きくスロットルを開けた時、少し圧が緩めでないとトラクションがかかる前にリヤが滑りそうですー」coldsweats01

なるほど。ノーマルキャブだとゆったりと吹け上がるのでリヤのストロークの始めのところからある程度ダンパーを効かせてダンパーでタイヤを押し付けてトラクションを稼いで旋回させるけど、FCRの場合レスポンスが良いのでダンパーを少し緩めてタイヤにかかる負荷をサスのストロークに逃がしてやらないとトラクションがかかる前にリヤがスキッドアウトしてしまうわけですな。

タイヤに必要以上の負荷をかけてタイヤをスキッドさせる事の無いように、路面温度の高い夏場と冷えていてタイヤの食いつきにくい冬場では圧側ダンピングのセッティングを1ノッチ程変えて、トルク変動を程よくサスのストロークに逃がしながらトラクションをかけてゆくようにしているけど、キャブが変わってレスポンスが変わった場合にも全く同じ事が言えるわけです。

そういえば、たがー号CRFのエアボックス加工をテストしている時にも、気温が変わったらリDsc01293ヤサスのストローク具合に違和感を感じ始め、エアボックスの比較テストが終わったところでジェットを気温に合わせ込んだらサスの動きが元に戻ったというのがありました。

トルクの出方が変わるわけだから考えてみればサスの動きが変わるのは当然だけど、とかくエンジンはエンジン、サスはサスで分けて考えてしまいがちなもの。coldsweats01

どうも今ひとつサスが決まらない、なんていうときはエンジンのセッティングを見直してみるのも一つの手かもしれませんよ。flair

| | コメント (0) | トラックバック (0)