2016年10月27日 (木)

古い友人に会ってきました。

ここのところ古い友人に続けて会っています。

一人は前の仕事の同僚で、彼はその前の仕事の時のライバル会社のキーパーソン。
彼はしばらくして転職していきましたが、今回10年ぶりくらいに再会しました。
その後何回か転職の後、ある大手外資系企業の社長に就任。 ところが今回会ったら「会社もしっかり利益が出る様にしたのでこれで良いとかなと」と独立したとの事。ひたすら脱帽です。

もう一つはバイク仲間。20年来の付き合いですがここ10年ほど会っておらず、今回は今まで参加して参加した事の無かった集まりに初めて参加して来ました。
会ったとたんにまるで昨日一緒に飲んでいたかの様なノリで馬鹿を言い合い、飲み・・・ なんかものすごくパワーをもらった気がします。
なんか何か新しいものが動き出しそうな、そんなわくわくした感じ。
来月は前に勤めていたメーカーの同期会。入社してからおよそ30年。どんなわくわくがあるか。((o(^∇^)o)) 今から楽しみです。

(写真は直接関係ありませんが、バイク仲間のイベントに行く途中立ち寄った白川郷の風景です。) 

Img_20161022_163000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月18日 (火)

備忘録

とりあえず前回更新からのKei’s車両たちのいろいろを忘備録として挙げてみましょう。

Image1<RD250 '77>

箱根で転倒!修理の為に以下の作業

エキゾースト、ライトリム等メッキ部品を再メッキ

タンク、シート等塗装修正(Ryo's Flameさんありがとうございます!)

その他劣化したゴム部品交換

Dsc_0001_3<RD250 '79>

フロントフォークオイル交換

点火時期見直し。タイミングを遅らし低中速をスムースに。

点火時期変更に伴いジェット類見直し。左側のパイロットジェットを絞りしゃくり対策

リヤショックのシール破損。手持ちのKYBに交換。ダンパーが今までと比較し硬すぎない事で旋回時の接地感向上。

Img_20160611_074946<D-Tracker>

リヤダンパーのバルブをRACETECHに変更。オイルもRACETECHに。

前後の車高バランス見直し。ノーマルベースの猫足仕様と同じバランスに。

タイヤをBT-090からIRCのRX-02に。標準エア圧だとフロントに粘りが無い感触。タイヤの特性と思われる。今まではトレール長が不足するのをタイヤで補っていたがそれが無くなった感じ。エア圧を若干落として対処。」

 

Vt500<VT500 Ascot>

ファイナルドライブのオイル交換

キャブの油面見直し。低中速トルク向上したが燃費は若干悪化。スロットル急開時のレスポンスに若干不満ああり、今後の課題。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次からはぽちぽちと今までの経験からセッティングについて思う事などつづってみましょうか...

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

気がついたらすごい時間が....

自分の体調不良や転職などもあり、長~い間更新していなかったこのブログ、前の更新を見てみたらなんと2012年!!

その間、RDもT-Trackerも少しづつ進化してきたので、あらためてその辺や、今までのレースの中で学んできた事など、またぼちぼちと書いていってみましょうか...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

Gatsby同窓会

Sp_gatsby

Gatsby Racing、御存知マンダム化粧品さんが協賛してくださっていたチームで、1994年から1996年まで全日本スーパーバイクや鈴鹿8耐でお世話になったチームです。完全なプライベートですが、非常に頼りがいのあり、素晴らしい決断力を持った監督のリーダーシップのもとでクルーがてきぱきと自分の仕事をこなしてゆく、一緒に仕事をしていて非常に勉強になり、そして楽しいチームでした。

スズキワークスのメカニックの方がコーヒーを飲みに来たり(しっかりとこだわりの豆から落とした美味しいコーヒーがあったんです!)、ヨシムラの社長が、最高速jの割にはタイムが良いと私がセッティングを手がけたサスペンションを覗き込んだり押してみたりして興味を示してくださったのも良い思いで出です。

最終年の96年は仕事の関係で8耐の現場に行けなかったのが残念ですが、当時はまだひしめき合っていたワークスやセミワークス勢を向こうに回し16位完走という快挙を成し遂げてその活動に幕を下ろしました。

そのGatsuby Racingが16年ぶりに同窓会をやるとの事。チームの本拠地は関西、自分は関東在住でなかなか会う事も出来ないので、皆元気でいるか、今から会うのが楽しみでなりません。happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月29日 (日)

フォークオイルと油面と...

Motul_fork_oil_2

色々他の車両の整備に時間を使っていて長い間手つかづで乗ってきた愛車RD250ですが、さすがにフロントのダンパーがヘタってきたのでフォークオイル交換と、あと車体各部を軽く見直してやる事に。

以前フォークオイル交換をしたときはあまり選択肢が無かった為、KYBの#20と#30をブレンドして使いましたが、今回は今までも使用して実績のあるMOTULのHARDを使う事に。本当はいつものHIROKOさんを選びたかったのですが、残念ながらHIROKOさんではここまで固いオイルはラインナップしていないんです。gawk
今のフロントフォークに慣れた人だと「!!」と思うような硬さですが、このRDで上手く前後サスの減衰を使ったハンドリングを実現しようとするとこのレベルの固さになってしまうんですね。これがcoldsweats01
今までの#20と#30を50:50のブレンド割合から考えると若干柔らかい気もしましたが、ここはMOTULの動きの滑らかさを優先してこれを使う事に。
今までと同じ油面(と、この時は思っていた)200mmに合わせ、ステアリングヘッドの締め具合やフロント周りのアライメントを再度見直しをかけます(ステアリングヘッドの締め具合も立派なセッティングアイテムです!)

とりあえず一通りの点検をして、いつもの峠へ。今日はハンドリングの変化点を見たいので若干ペースを上げ気味で走ります...が、フロントに違和感が。MOTULのおかげでフロントフォークの動きは間違いなくスムースになっているのですが、フルブレーキング時にフロントがしっかり入りきってフロントタイヤをつぶしてくれず、上下にフワつきながら予想より早いポイントでフロントロックしてしまう為、狙ったポイントでマシンを倒しこめず、又、フロントをしっかり押し付けられないので旋回初期に車体が回りこんでくれず、予想外に外にはらんでしまいます。峠でこのハンドリングは危険。といってもその場で油面を変えるわけにもゆかないので、リヤのイニシャルを締めてリヤを2mmほど上げ、フロントに荷重が移るか様子見。
ブレーキング時のフワつきは若干収まり、倒しこみ時の旋回も楽になって来ましたがやはりフロントにしっかりした接地感が出ない為、今までの様に回り込めません。
何往復かした後、これ以上攻めても危ないので帰途に着きます...で、帰り道に色々考えていたら思い出しました!前回は油面を200mmに合わせた後、何回か走った結果でオイルドレン(RDの様な古い車両はフロントフォークにドレンスクリューがついているのです)から10ccオイルを抜いていたのです!RDの様に細くて肉厚のあるフロントフォークで、この差は大です。おそらく15mm近くは油面が変わっていたのでは?

というわけで早速今日油面を見直しました。また来週同じ峠で変化を見てみようと思います。MOTULのオイルにして作動の滑らかさは確実にアップしているので、油面さえ上手く合ってくれればきっといい感じで走ってくれるはず!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

やってしまいました~

Photo_2

いやーやってしまいました。痛いです!といってもバイクの転倒ではありません。

BMXです。ここ暫く体調がすぐれず、この休みに病院に行ってきたのですが、帰り道ぽくぽくと歩いていると寒いながらも良い天気。で、時間もそんなに遅くない。で、「久しぶりに乗ってみようかな~」と思ってしまったのが運命の分かれ目でしたcoldsweats01

BMXを車に積んでいそいそと近くの公園のランプへ。ローカルの人に混じって走り始めました。もちろん最初はびびっておっかなびっくりでしたが、そこは元モトクロスライダー。だんだん慣れてきてスピードも上がり、ランプでのターンで少し腰を引くとフロントを浮かして回れたりして...ここでやめとけばいいのに、もっとフロント浮かしてキックターンをやってやろうと思いランプの頂点まで上がって腰を引いてひねりを入れたら... バランス崩して顔から落ちました!( ̄▽ ̄;)  損害は手の甲強打、顎強打、顔思い切りすりむき、全身打撲。

ほぼ半年振りのBMX、しかもランプ、しかも病院帰り。こんな状態で調子に乗ると痛い目を見るという貴重な教訓でした。

痛いよう....

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

また一人逝っちゃいましたね...(T-T)

また一人将来有望な選手が逝っちゃいましたね...

MotoGP,サンカルロ、グレシーニ所属、マルコ、シモンチェリ24歳...

最初はファイトむき出しの、ラフとも言えそうな乗り方が自分はどうもなじめなくて...ペドロサとの接触、ペナルティーの件なんかもあったし...けどだんだん危なげない走りになってきて、やがて念願の表彰台を獲得して...

今年の日本グランプリではアフロのヅラをかぶった日本人ファン2人と気さくに肩を組んで笑顔で写真をとっているのを見て、「あ、いいヤツじゃないか」と思う様になっていた。

事故の前のフィリップアイランドのレースでは自己最高の2位を獲得。

そして運命のあの日、バウティスタ(だったと思う)のオンボードカメラに写った映像を見る限りではごく普通のスリップダウン、本来ならそのままアウト側に滑ってゆくはずだった...が、足がマシンの下に残っていたせいか、ハンドルから手を離さなかったせいか、タイヤのグリップが残ったままイン側に巻き込んで行きコーナーを立ち上がってきたエドワーズとロッシに激しく接触。懸命の蘇生処置も空しく45分後にこの世を去った。あご紐がちぎれヘルメットが飛ぶほどの衝撃。ほとんど即死状態だったのではと思う。

レースにたらればは無いが、もしあの時すぐにハンドルを放していれば命を落とさずに済んだのでは、とついおもってしまう。しかしライダーの本能で最後の瞬間までハンドルを握っていたのだろう。

日本グランプリのパドックでの好青年振りが強く印象に残っている為か、いまだに、もう彼がいないことが信じられない。

どんなに安全に配慮していても、それでも事故は起こってしまう。頭ではわかってはいるのだが...

去年の富沢、今年のシモンチェリ...これ以上悲劇が起きない事を願ってやまない...

シモンチェリよ、安らかに...

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

ちょっと横道-チャンバーの宣伝+自転車ネタ

暑さにやられているうちにはや9月-ここぞとばかり2011年型RDを乗り倒しのですが残念ながら先週から一ヶ月の出張です(T^T)

あ、ちなみにKei's RDチャンバー、今の所製作に時間がかかってしまうのであまり大きくは発表していませんが希望される方がいれば製作可能です!

Datera

チャンバーの性能を維持しながら音とスタイルはノーマルの持つシャープなスタイリングと音の腹に響く太さを兼ね備えた逸品です!

で、話は少し脱線して現在格闘中のBMX マシン、Dk Heloのお話。

これはストリート用BMXとして購入したのですが、いろいろ調べてみるとストリート等よりパークライドやトレール(ダートジャンプ)を主眼にしたBMXとして紹介されていました。BMXではチェーンステイ長(バイクで言うとスイングアーム長)がアクションのし易さや安定感に大きく影響するらしいのですが、このHellioは今の流行の13,25"(何故かBMXはインチを使うんです)のチェーンステー長に対し、13.75"とかなり安定感重視な感じです。自分はこれをチェーンを半コマ詰め、13.6"として乗っていたのですが、フロントがどうしても重くて言う事を聞いてくれないんです。

(練習しろ!という話はマァちょっと置いておいて下さいネ。 (^^;) )

Helio

自分的にはやはり13,25"のコントロール性を体験してみたいので、思い切ってホイールブラケット部分の溝を少しグラインダーで掘り込んでさらにチェーンを半コマつめ、13.4"にしてみました。少し乗ってみた感じでは体重を後ろに持っていた時今までよりリヤタイヤが出ながらフロントが浮く感じが伝わってきたので、お!いけるかな?といった感じです。

前回足を滑らせてスネを強打、流血したのでペダルも金属ピンつきのOdysseyに変更(アルミ製ペダルにする勇気はありませんでした)

で、さぁ、乗りに行ってみよう!と思ったら1ヶ月の出張...(T^T)

テストできるのは今しばらく先になりそうです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

霧の箱根

Rd__2 いえ、別にバックを加工したわけじゃないんです。

まぎれも無く箱根大観山の展望台で撮ったんです。

ただ...5m先も見えない霧だったんです...

それでも下は大丈夫かと思いがんばって行って来ました椿ライン。

予想は当たり、霧はありませんでしたが梅雨の雨の影響でしょうか木の枝などが路面にちらほら。

無理をすると危険なのでそこそこのペースで往復を重ね、体にリズムを思い出させたところで帰って参りました。

たださすがにフルOHから10年以上経った車体。そろそろブレーキがOH時期に来ている事を痛感。本来なら最新型のマスターを入れたいところですが(ロッキードも持ってるし...)、そこはやはりちょっと当時物にこだわりたくてノーマルをOHの予定。それでなんとなくしっくりいかなかったら休眠中のロッキードも試して見ますかね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

こちらも健在!

Rd400kei_rd400_motogp_127

5/1のRDミーティングでは雨にたたられてしまったのでリベンジで6日に椿ラインに行ってきました。今回は長年の相棒、角タンク250で出動。こちらはバックステップやシングルシートでコーナーを楽しむ事を主眼に作ってあります。さらにタイヤも換えておいたので準備は万端。

こちらもNewtronicのフルトラと強化コイル、ノロジーのプラグコードで武装してある他、掃気の流れがスムースになる様ポート加工をしてあるので低回転から250とは思えない太いトルクでコーナーをぐいぐい曲がりこんでくれます。

椿ラインを何往復かして、ガソリンが心細くなったところで引き返してきましたが久しぶりに思い切ってコーナーを楽しめました。happy01

タイヤはダンロップのGT501。ハイグリップタイヤというよりツーリングタイヤではありますがなかなかいい感じで溶けてくれています。

ここのところマシンのメンテが多くなかなか走りにいけませんが、やっぱりライダーは走ってなんぼ。これからも出来るだけ走りに行く様にしましょうhappy01

Rd400kei_rd400_motogp_130

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧