« フォークオイルと油面と... | トップページ | Gatsby同窓会 »

2012年8月15日 (水)

いい感じでした!

えー、いつも走りに出ると走りとセッティングに集中してしまい写真を撮り忘れてしまいます。という事で今回も...(^-^;

前回、オイルをMOTULに交換し作動の滑らかさは出たものの油面を高めに設定してしまった為ブレーキングからターンインの感触がいま一つだったRD250。今回はフロントの油面を思い切って下げ、ブレーキング時のフロントへの荷重を増やすようにセッティングを変更しました。
同時にシフトの固さに対してはミッションオイルを交換。こちらは今までのHiroko KZ4st 5W-30に変わりHiroko SpecR 5W-30を試してみました。

で、結果は...良好です。ブレーキングでフロントが十分に沈み込みフロントに荷重を乗せてくれるのでブレーキング時の不安感が無くなり、ブレーキをリリースしながらの回り込みも良くなりました。マシンのバンク角は前回より浅くなっており、コーナリング中に上体をインに入れる必要も無くなったので若干コーナリングスピードは落ちているのかもしれませんが、旋回初期で以前より若干ハンドルが大きく切れている事も影響していると思います。何よりラインの自由度が前回より格段に増しているのは魅力です。峠ではラインに自由度をもって危険回避の余裕を持つ事は何より大切ですから。

オイル交換の効果も大で、今までより軽くシフトダウン出来る為、シフトしながらのコーナー進入で余裕が出てきました。今までだとシフトペダルに足をかけてからシフトの為にちょっと力を入れるタイムラグがあり、コーナーの進入操作が遅れる事があったのですが今回は「ストッ」とギヤが入ってくれるので減速時のタイミングも取りやすくなりました。

ただ、ブレーキングの負担がステアリングヘッドにまともにかかって少し心細い感じが出てきたので次はステムベアリングのテーパーレース化が必要かも。また、寝かしこんでギャップに入った時リヤ周りが若干心細いのでスイングアームのメタルを今もアメリカで売られている砲金製に変えてみるのも手かもしれません。まぁ、今のバイクならテーパーレースもスイングアームのニードルベアリングも当たり前なんですけどね。

とりあえずはリヤサスに少しオイルが滲みだしたのでまずはリヤサスのOHから。これは異常の無い右側ダンパーのダンパーフォースのデータを取っておいてもう一台のRDのセッティングにも生かしてゆくつもりです。

|

« フォークオイルと油面と... | トップページ | Gatsby同窓会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105194/55431954

この記事へのトラックバック一覧です: いい感じでした!:

« フォークオイルと油面と... | トップページ | Gatsby同窓会 »