« ちょっと横道-チャンバーの宣伝+自転車ネタ | トップページ | あけましておめでとうございます »

2011年11月 1日 (火)

また一人逝っちゃいましたね...(T-T)

また一人将来有望な選手が逝っちゃいましたね...

MotoGP,サンカルロ、グレシーニ所属、マルコ、シモンチェリ24歳...

最初はファイトむき出しの、ラフとも言えそうな乗り方が自分はどうもなじめなくて...ペドロサとの接触、ペナルティーの件なんかもあったし...けどだんだん危なげない走りになってきて、やがて念願の表彰台を獲得して...

今年の日本グランプリではアフロのヅラをかぶった日本人ファン2人と気さくに肩を組んで笑顔で写真をとっているのを見て、「あ、いいヤツじゃないか」と思う様になっていた。

事故の前のフィリップアイランドのレースでは自己最高の2位を獲得。

そして運命のあの日、バウティスタ(だったと思う)のオンボードカメラに写った映像を見る限りではごく普通のスリップダウン、本来ならそのままアウト側に滑ってゆくはずだった...が、足がマシンの下に残っていたせいか、ハンドルから手を離さなかったせいか、タイヤのグリップが残ったままイン側に巻き込んで行きコーナーを立ち上がってきたエドワーズとロッシに激しく接触。懸命の蘇生処置も空しく45分後にこの世を去った。あご紐がちぎれヘルメットが飛ぶほどの衝撃。ほとんど即死状態だったのではと思う。

レースにたらればは無いが、もしあの時すぐにハンドルを放していれば命を落とさずに済んだのでは、とついおもってしまう。しかしライダーの本能で最後の瞬間までハンドルを握っていたのだろう。

日本グランプリのパドックでの好青年振りが強く印象に残っている為か、いまだに、もう彼がいないことが信じられない。

どんなに安全に配慮していても、それでも事故は起こってしまう。頭ではわかってはいるのだが...

去年の富沢、今年のシモンチェリ...これ以上悲劇が起きない事を願ってやまない...

シモンチェリよ、安らかに...

|

« ちょっと横道-チャンバーの宣伝+自転車ネタ | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

ご無沙汰しております。
先日のTOTに、メカとして行ってまいりました。
予選、レインタイヤorドライタイヤ悩んだ結果、
ドライタイヤで、路面はウエットだが、濡れているだけで、水たまりや流れはない、
予選終了ラップで、2ヘアでハイサイド、入り口で、リヤブレーキのかけすぎでロック・・・
「どんなに安全に配慮していても、それでも事故は起こってしまう。頭ではわかってはいるのだが...」

そのとうりですね。確かに、「たられば」はないですが、
いつも考えさせられます。

投稿: 三平です。 | 2011年11月10日 (木) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105194/53133167

この記事へのトラックバック一覧です: また一人逝っちゃいましたね...(T-T):

« ちょっと横道-チャンバーの宣伝+自転車ネタ | トップページ | あけましておめでとうございます »