« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月28日 (金)

さらば、VF750

10年以上連れ添ってきたVF750をやんごとなき事情で手放す事にしました。

ベラスコ師匠からAMA時代の話をたくさん聞き、あこがれて買ったVFです。

この2年間は事情があって知人にあづかってもらっていましたがついに維持しきれなくなって手放す事に。

最後に写真を載せようと思ったら...無い。あれほど取ってセーブしておいた画像ファイルが何故か全て消えている。

まるで「未練を残さず断ち切ってくれ」とVFが言っているかの様に。

車両の引き取り等々、知人に頼んでいるので現状は見ていない。

いっそ、このまま合う事無く別れよう。

仙台、青森、新潟、田沢湖、黒部ダム、いろいろな所に連れて行ってくれたVF

ありがとう。そしてさようなら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

RD最終型---軽~くセッティング

あーまた写真撮り忘れた(T^T)

今日は体調よくなかったので昼過ぎまでまったりし、RDのセッティング確認に行ってきました。

前回メインジェット#145で中低速は良いもののそれ以上は明らかに薄かったので、今回は#190をいれてまずエンジンが吹けなくなるところを探り、そこから丁度良いジェットを決めてゆきますwink

ちなみにこのメインジェットのあたりのつけ方、走らなくでも出来ちゃう方法があるんですがそこはちょっと社外秘という事で...慣れないとクランクを壊してしまう事があるので。

で、高速道路で様子を見ますが当然の事ながら#190では濃すぎ。で、#180まで落として吹け上がり感と頭打ち回転数のチェック。加えて各部チェックしてたらプラグの頭の端子が若干緩んでいたので増し締めしたらふけあがり感はOK.頭打ち回転数をもう1000回転ほど上げたいのであと#10ほど絞ろうと思ったら手持ちに丁度170が無かったのでこれは次回のお楽しみ。次で大体セッティングは決まりそうです。happy01

で、セッティングにお悩みのアナタ。一度回転が頭打ちするところまで濃くしてから絞ってゆく事。高めのギヤでスロットルをゆっくり開けながらパイロットジェット、ニードルストレート部、テーパー、クリップ位置、そしてメインジェットのそれぞれが効くスロットル位置でのエンジン音を聞きながら判断するのがポイントです。

あ。もちろん点火時期があっているのは大前提。これも点火系を変えると最適な点火時期(MBTといいます)は変わってくるので要注意!!sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

迷うな~

Dsc00275 正直言って迷います!

現在セッティング中のRD,長距離ツーリング用なのでトラブル対応を考えてポイント点火のままなんですが、ポイント点火はどうしても機械式接点の為微妙に点火時期が安定しないという欠点が....

その点このNewtronicのフルトラなら火花も強く点火時期も安定します。性能と耐久性はもう一台のRD250で10年以上使って確認済み。

ただ...このNewtronic,自分ではまだ雨中での耐久テストはしていないんです。まあ、ユニットを取り付ける場所はまず水のかからない場所だしユニットも配線も完全にシリコンでシールするのでまず大丈夫だと思うんですが...万に一でもトラブルが起きればさすがに旅先でトランジスタユニットは直せません(--;) が、しかしいつか雨天での耐久テストをしなければと思っていたのもまた事実。さあ。どうする...gawk

そしてもう一つの壁...それは...とりあえず早く乗って慣らしを終わらしたいんです!

悩みます.......sad

あ、ちなみにユニットと一緒に写っているのはUNIのエアフィルター。こちらは既に使っていてイイ感じです。興味のある方はご一報をhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

えーっと...

バイクネタオンリーのKei's Racing Garageなのに、ブログ広場のコーヒーのカテゴリーに参加してしまいました。

好きだからしかたないじゃかあ  あ   ......

コーヒーカテゴリでバイクに興味の無い皆さん、ごめんなさいm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RDに火入れしました。

Photo_2

早速エンジンかけて軽くエアスクリューチェックして...ピストン変えたの見越してかなりガス濃くしたのにまだ薄め。とりあえず近所のモーターすまで様子見ながら遊びに行ってそこでニードルセッティングをちょい濃い目に。クリップのところにワッシャを入れてあるのでクリップ半分変更が出来るのです。 で、スロットル半分くらいまではいい感じ。happy01

でも問題はここからでした。ニュートラルで少しづつスロットルを開けて行くと半開付近から急に回転がハネ上がる。これは極端にメインジェットが薄い時の典型的な症状ですwobbly....ノーマルより30番濃いのに...念の為T中産さんに何番のジェットを使っているか聞いてみたら自分のよりノーマルで65番も濃いジェットを使っている最終形でさらに40番近くも上がっているとのこと。

急いで部品屋に行ってメインジェットを大人買い。

さらに走っているとタコメーターの取出しからオイル漏れが...アレだけ対策したのに...私を拒絶するつもりか...まぁ、対策案は色々あるのでとりあえず開けて状況見てから考えましょう。

全体的には思ったより一発でセッティングがいいところに決まってきたので来週あたりにはとりあえずOKな予感。

乞う御期待...といってもまだチャンバーが残っていますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

猫足は行く---久々のDトラネタ

Photo 寒くなっても街を行くバイクの数はあまり減らず、相変わらずD-Tracker乗りの方々も数多く見かけます。皆思い思いにカスタムして楽しそうに...ただ、ちょーっと気になるのが皆のDトラ、本当に思い通りに動いてくれてるのかなーって事。

レーサーDトラ「猫足チューン」をT中さんに譲って暫く経ちますが、とにかく乗り倒してくれています。とにかく楽しいとの事。

このDトラ、FCR以外特別なことは何もしてません....「猫足」チューンを除いて。bleah

あ、ちなみに写真は猫足チューンを1歩進めた「猫足2」チューニングなのであしからず。練習不足でお腹が気になる私が乗ってもこーんなに走っちゃうのですnote

猫足チューンって行っても特別なパーツはなーんにも使ってません。しいていえばフロントフォークオイルを自分で調合したぐらい。あとは全てノーマルでくっついているもののセッティングだけです!happy01

ノーマルでも足周りで触れるところはたくさん有って、その一つ一つがセッティングアイテムです。例えば...

フロントフォークのオイル固さ、油面、突き出し量、圧側ダンパー調整、ステアリングヘッドのグリス、締め付け具合、ハンドル角度、リヤサスのイニシャル荷重、圧側ダンパー、伸び側ダンパー。(それぞれの細かい説明はネットで検索してみてくださいな)などなど...

Dトラッカーはとってもデリケートな車両だと思います。例えば冬に一晩外に置いておいただけでハンドリングが変わってしまったりするんです。sign01

だからDトラに乗っているみなさん、自分のバイクが思い通りに走ってくれているかどうか、よーく感じてみてあげて下さい。

具体的にどの辺を見てあげればよいかは(詳細は企業秘密ですが)おいおい綴って行くとしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

価格か性能か?!

久々にネットサーフィンやってて...色々な部品が出ています。安価なものから高価なものまで。中には「音量測定していないので自己責任で」ってなマフラーも...んで。見ると結構Kei'sのに似てたりして(--;)

もちろんこれらは自己責任。どんなに性能が良くても皆、懐の具合もあるので手が出ないものもあります。でも。自己責任とはいえできれば違法になるものは避けたいですよね~。

んで、今考えている事。今までのレースの実績を生かして安く、納得の性能の部品を作れないだろうか...もちろん海外の大量生産品みたいな安価なものは出来ないけど皆が何とか手が届き、で十分楽しめる性能を持ったもの。または安価な海外生産品にちょっと手を加え納得レベルに持っていけないかと...

ハードルは高いけど2011年はこの辺もやってみたいナ、と...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

初乗り!そしてフロント内圧調整

本当は年明け早々の夜中にDトラで少し走ったんですけど、やはりこれに乗らないと初乗りとはいえない!とのことで乗ってきましたRD250.

Resize0052 第三京浜を走って、写真を撮って帰ってきたら何故かデータが保存されていない!bearing という事で写真は去年の初乗りのモノです・・・

この10月に前後タイヤを交換したのですが、サスが新品タイヤだとタイヤのたわみ感が上手く作用してしっかりとした接地感を出しながらコーナリングしてくれます。

ただ、走り出して暫くすると、フロントのブレーキング時に、フロントフォークの動き出しが速い感じが。どちらかというと減衰というよりスプリング反力が不足している感じ。もしかしたらフロントフォークのエア内圧が下がっているのかと思い、帰ってきてからフォークキャップを開けて大気開放したところ、いい感じの反力感が戻ってきました。

モタード車など、エアバルブのついているものではまめに内圧合わせをやるのですが、バルブが無くともまめにフォークキャップを緩めて大気開放をする事の大切さを感じた新春初乗りでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

謹賀新年

2011_2

年はうさぎですけど、あわてずゆっくり、着実に前に進んでゆく、そんな年にしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »