« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月 8日 (水)

久々?のRD250ネタ---今度は最終型(何故かポイント点火)です

Photo RDネタ、といってもレーサーRDではありません。友人から譲り受けた79年式RDです。何故かエンジンだけポイント点火の78年型。というわけでやたらな人に譲るわけにもゆかず私が引き取る事となりました。wink

乗っていない間整備はされていたもののやはり30年もの。各部の痛みは隠せません。で、手持ちの部品も導入して、無理にお金をかけず、それでいて長距離もこなせるRDを目指しました。

(メッキのスイングアームとキャリパーサポートに注目!)

D_017

まずは弱ってきている点火コイルをKei's でテスト中の強化コイルに。コイルの強化はアイドリングから中速域までのトルクアップに効果大です。good

D_018 んで、次はあまりにむごいcryingシートベースの交換。これは幸いFRPでリプロ品を作っておられる方がいらっしゃいますのでそこから購入。

FRPなのですがフランジの部分が十分に取ってあるので慎重に

D_015_2 タップスクリューを使って皮を留めてゆきます。この時、スポンジの上に一枚ビニールを張っておかないと縫い目から水が滲みてエライことに...(^^;)

次はRDオーナーならすべからく悩むところ...リヤマスターシリンダーです。これは既に生産中止になっているとの事でしたが、そこは海外部品で切り抜けました。お困りの方はメール下さい。

(注)ブレーキは重要保安部品です、整備士免許があるか免許所持者の監督の元でなければ整備できませんので御注意を!

D_012

古いマスターシリンダーからはカフェオレの様な物に覆われたガビガビのマスターカップが出てきました...こりゃそのまま組めません...

というわけでブレーキの専門家の方ごめんなさい!で使い込んだスコッチブライト(「使い込んだ」がミソ)を使って軽くホーニング、内面を滑らかに。

D_013_2

後はカップグリスとブレーキオイルを塗りながら慎重~に組み立てます。で、ホース類も取り替えて右の様な出来上がり。

これにてひとまず基本的なところは形になりましたが「走る」と「楽しく快適に走る」は別物。ウインドプロテクションやサスペンションセッティング、ジオメトリーセッティングはまだまだこれから。まずは購入してあるリヤサスを分解してダンパー特性をフロントと合わせ、その後前後バランス、重心高とセッティングは進んでゆくのですがここから先は又あとで。

一度きっちり走るようになったらKei's オリジナルチャンバーを装着予定!場合によってはフルトラ化もするかもなので乞う御期待!!happy02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »