« 再びMOTO1のお話---第二戦琵琶湖 | トップページ | あけましておめでとうございます! »

2009年12月30日 (水)

ジオメトリーってビミョーです。

いきなりこのタイトル、ピンと来る人来ない人、色々かと思います。

オートバイをいじり始めて幾年月、最初にジオメトリーに着目するきっかけを与えてくれたのは15年以上前、かの和歌山利宏氏の著書だったのですが、それから各々の時代の乗り方、タイヤ、フレーム、ダンパーの進歩に合わせジオメトリーも日々変わっております。

マシンの足回りチューニングを始めるにあたってはまず基本車両のアライメントとジオメトリーをチェックし、今に至るまでのジオメトリー変遷の経緯などを頭に置きながら、ベース車両のフレームやタイヤなどを考慮にいれつつ「ではどういう味付けで行こうか?」を考え、それをベースに車体ジオメトリーを決定してゆくわけです。

モタードではオフロード車に17"ホイールをつける為、どうしてもキャスター、トレールのバランスがうまく取れないのが泣き所で、過去Moto3クラスのD-Trackerでは三つ又を作ってキャスター、トレールのバランスを取ることなどもトライしていました。Xtrig

CRF250ではワンオフで三つ又を作るとどうしても高くなってしまう為、市販品で一番狙いに近い物を選んで使用していたのですが、今年は出ました!Xtrigです。 これなら狙いのトレールに持って行けます。で、先にも書いた通り今シーズンはこれを装着して臨んだのですが、これのポテンシャルをフルに引き出す為にさらにスイングアームを短縮したり、前後車高バランスを変えたり、又コースによってオフセット値を変えたりと、様々なモディファイを行う事となりました。

なかでもビミョーだったのがオフセット。Xtrigは中のステムを180度回すことで2mmの幅でオフセット変更できるのですが、コースのレイアウトやギャップの鋭さでこの2mmが大きな意味を持ってきます。たとえばタイトコーナーでスピードを乗せて突っ込みながらスロットルで小さく回りたい時などはオフセットを小さめにしてフロントの巻き込みを押さえながら荷重を乗せる方向が相性がいいんですが、これがうねりのある高速コーナーやダートが高速で鋭いギャップのあるコースなどだとフロントが路面に反応しすぎて振られやキックバックになってしまうので、そ-ゆー時はオフセットを長めにしてフロントの反Dsc01293応を少しぼかしてやると振れが収まりやすいとか......たかが2mm、されど2mmです。

<-ぱっと見特別な事は何もしていない様ですがレースごとにビミョーにジオメトリーが変わってます(^^;)

さらに、このオフセットというやつ、RD400レーサーの時にも可変式を作って実験したんですが、前後のタイヤサイズによってもおいしい長さが変わってくるんですね。

前出の和歌山氏に自分のマシンをテストして頂いていた頃、この辺の実験をしながら、昔ホンダNSR250が出た頃、ヤマハからの乗り換え組がその乗り味の違いにとまどったという話を思い出し、またその理由に気づいて妙に納得したのを覚えています。

ジオメトリーって、ビミョーです。

|

« 再びMOTO1のお話---第二戦琵琶湖 | トップページ | あけましておめでとうございます! »

コメント

こんにちは、ピンときましたよ(笑)

ヘビーな加工か流用の知識が無いとなかなかそこまでできないですよね~

ボクは流用でなんとかやってますので、新型や従来のモデルでも付いてるパーツに興味津々です。

今後とも宜しくお願いします♪

投稿: 丘サーファー | 2010年1月 7日 (木) 13時09分

丘サーファーさん>
ピン!ときましたか!(笑)
私も町を歩いてる時に停まっているバイク覗き込む変な人になったり、直感で流用出来そうなパーツを買ってしまって実は使えず涙したり...
どうしても狙いの物がなさそうな時は思い切って図面引いて作っちゃってます。
これからも宜しくお願い致します!

投稿: Kei | 2010年1月 7日 (木) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105194/47124421

この記事へのトラックバック一覧です: ジオメトリーってビミョーです。:

« 再びMOTO1のお話---第二戦琵琶湖 | トップページ | あけましておめでとうございます! »