« 作っちゃいました。GX/XS エキゾースト!! | トップページ | ジオメトリーってビミョーです。 »

2009年12月27日 (日)

再びMOTO1のお話---第二戦琵琶湖

今回もMOTO1のお話。今回は第二戦琵琶湖です。

第一戦美浜で今ひとつタイトコーナーの回り込みが良くなかったので、今回は少し思い切ったモディファイとサスの比較テストを。

今年のサスは08モデルのものをベースにモタード向けにモディファイし、ダートでフロントを上げ易いようにフロントにダブルレートのスプリングを組んだんですが、シーズン前のテストが天候にめぐまれずこれと昨年モデルの比較をする時間が取れなかったのでここでテスト。

今年の物と比べると去年の物は前後共伸び始めが速く、その後ダンピングが効いて余分な動きを止めてくれるので切り返しは楽。ただリヤは今年の物の方が動きが軽く、トラクションのかかり方も素直なのでフロントは去年仕様、リヤは今年仕様で、レース後にテスト結果をベースに前後共今年仕様の物をさらにモディファイする事にしました。

Biwako0002 まずはハンドル高さを上げ、シートを低くしてライディングポジションを維持しながらリヤを上げて前下がりのディメンジョンに変更。さらにスイングアームの角度も多めにしてスロットルONでマシンの中心を軸にフロントから回り込む特性に。

Dsc01290 ただ、このままだとフロントを押してしまうのでホイールベースも短くしました。で、難しい加工をしなくてもホイールベース短縮が可能になるのがこのチェーンプラー。スライダーの後ろのコの字のやつです。

調整用ボルトが前に入らないのでアクスルシャフトを思い切り前に持って行く事が出来ます。これでチェーン1コマ分はホイールを前に持ってゆく事が出来ました。

ロードマシンの一般的なホイールベースと比較してモタードマシンはスイングアームが長く、ホイールベースが非常に長いので特に狭いコーナーの多いコースではホイールベース短縮はトライの価値アリ、だと思います。

決勝はスタートで集団にのみ込まれて前をふさがれてしまう形となり、残念ながら表彰台は逃してしまったものの、手堅くポイントゲット、又次戦に向けてのデータも積み重ねる事が出来ました。

その他にも特にフロントでジオメトリーのモディファイはしておりますが、それは又後ほどということで。

|

« 作っちゃいました。GX/XS エキゾースト!! | トップページ | ジオメトリーってビミョーです。 »

コメント

ふむふむなるほど!〆(・・)〆(・・)

投稿: しっぽ | 2009年12月29日 (火) 20時37分

しっぽさん>
今年も宜しくお願いします!
フロントのダブルレートスプリングはしっぽさんのと基本的に同じ考え方で作りました。
あと、Dトラもオフ車ベースで17"にしてる分トレールがかなり短かいのでオフセット違いの三つ又を作ってバランスを取ってやった事があります。

投稿: Kei | 2010年1月 1日 (金) 12時25分

ダートトラックをやっていた時、同様の加工を施してトラクションを増すことが出来ましたが、モタードでも有効な場合があるのですね!

投稿: 丘サーファー | 2010年1月 7日 (木) 13時25分

丘サーファーさん>
コメント有難うございます。実はスイングアーム周りのセッティングにはAMAやもてぎでのダートトラックでの経験がかなり生きています。ダートトラック時代はコースの形や路面状況に合わせてエア圧やスイングアーム角をかなり細かく変えてトラクションを得る工夫をしてました。

投稿: Kei | 2010年1月 7日 (木) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105194/47090240

この記事へのトラックバック一覧です: 再びMOTO1のお話---第二戦琵琶湖:

« 作っちゃいました。GX/XS エキゾースト!! | トップページ | ジオメトリーってビミョーです。 »