« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月14日 (月)

Root Cause

Root Cause - 日本語で言うと「真因」。何かトラブルが起きたときに「何が本当の原因だったのか」を突き詰めるのは非常に大切な事で、この「真因」を見誤るとまた必ず他で同じ原因でトラブルが起きます。

先日、自分の試作した部品が破損すると言う事がありました。通常であれば破損したところを丈夫にしてヨシでしょうが、真因追求の為に「5W」にトライしてみました。「5W」とは、「5Whys」の意味で、考えられる原因に対して「何故?何故?」を最低5回繰り返してトラブルの真の原因に迫ってゆく品質管理の手法です。

今回の場合、「ナゼ?」を繰り返してみたら本当の原因はハード的な物ではなく、ソフト面の管理方法にありました。

たとえば作る側の業者さんが十分に検討の時間を取れなかった+業者さんの提案を十分に吟味することなくOKしてしまった<-十分に吟味する時間が取れなかった<-自分の図面作成が遅れた<-業者さんに必要な時間を十分に吟味せず日程計画を立ててしまった。

と言う感じの結論です。もし破損だけに気を取られていたら時間の読みの甘さを認識することなく、他の部品で同じ事がおきる可能性もあったわけです。

この件はKei's Racing Garageにとって、痛い経験になりましたが、同時に大きな勉強になったと思います。この「時間管理」という真因にたどり着いた事で、今後はもっと短いスパンで確実なものを開発してゆく事げ出来るようになるのではないでしょうか。

そういう意味では、今回のトラブルは非常に貴重な経験だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

とりあえず...

今シーズンに向けて開発を進めていた部品は一通り試作が出来ました。あとは周囲の方々にテストして頂いているのでコメントを元に改良を続けて行く予定。

連休最終日はいよいよ関東エリア第一戦ですが、直後に仕事で海外出張なので体力セーブの為体の慣らしがてら楽しみに徹するかも?試作部品はtatsuyaさんたちが既にトライしてくださっているし。(というか自分よりはるかに高いレベルで走ってくださるので、その分細かいフィードバックを頂けて非常に勉強になります)

とりあえず自分の方は今回はダンパー特性を変更したリヤショックアブソーバーのテスト。スライドが止まった瞬間の挙動をマイルドにしてスムースに加速する方向にバルビングを変更してみました。今後はバルビングだけでなく、ガス反力なども微妙に変えながらいろいろデータを集めてみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »