« ケビンさん | トップページ | Residual Life - 残存寿命 »

2006年11月 9日 (木)

来年は...

Dsc00491  今まで6年に渡って毎戦進化しながら戦ってきたRD400。もしかしたら来年はこいつのレースはお休みするかもしれない。

このレースをはじめる為に転職。いつもレースが終わったその日から問題点の抽出、分析、対策案立案、対策部品の設計計算、図面作成、手配と予算組み。ほとんど全てが自分の設計によるワンオフパーツなので部品がそろう頃にはもう次のレース直前といった状態が続いてきた。

今年はtatsuyaさんと組んですばらしい結果を残せたと思っているが、まだ彼の力を100%出し切れるマシンではない。やる事はまだ残っている。

ただ今年はモタードと並行して行った為、モタードの本番車完成が最終戦までずれ込んでしまった。

来年は今年のデータを元に、モタードマシンを煮詰めてみようと思っている。となるとやはり中途半端にRDに手をかけるのはこのRDに失礼だ。

今までこのRDには100%の力を注入してきたし、自分のモチベーションが上がらない時にはモチベーションを最大に持っていくまで触らないようにしていた。又このRD、エンジンやサスのスペアパーツは山ほど持っていくが、外装部品のスペアや補修道具は一切持って行かない。それはほとんどワンオフパーツというのも理由ではあるが、

「絶対に転倒させず無事に帰る」

「転倒痕のあるマシンをグリッドには並べない。転倒痕=車体のゆがみ=危険。また汚いマシンをグリッドに並べるのは協力してくれた方々、手伝いに来てくれた方々に失礼にあたる」

「ライダーには80%の力で安全に、無事にレースを楽しんでもらう。80%の力で勝てるマシンを作るのはメカニックの責任」

そして何より、「このRDには寿命の尽きるまで転倒なく無事走りきって、静かな余生を送って欲しい」との願いと覚悟の表れだからだ。

だから今年はまずモタードに全力投球。その後落ち着いたところでもう一度このRDとしっかり向き合って見たいと思う、これは自分のライフワークだから。

|

« ケビンさん | トップページ | Residual Life - 残存寿命 »

コメント

お久しぶりです。ちょくちょく拝見させて頂いています。
そしてお疲れ様でした。TOFで見れなくなるのは残念ですが、
モタードの方楽しみにしています。今度、時間が合えば、
たいしたことは出来ませんが、お手伝いがてら見に行きたいと思います。
私のほうは、もう少しRDと付き合いたいと思います。
もし、お時間があれば、私のRDを見て頂けたらと思います。
もちろん、Kei'sのお仕事として。
ご迷惑でなければ、今度ゆっくり食事でもしながらお話でも。
それでは、お体に気を付けてください。

投稿: 三平です。 | 2006年11月10日 (金) 01時28分

貴重な時間を一緒に過ごさせて頂きありがとうございました。

常にライダーとディスカッションしてマシンを少しでも上に上に引き上げていく姿にメカニックとしてプロなだけで無く人間としても尊敬出来、お互い些細な事でも妥協しないでくどいほど話しながらレースに望んだおかげで素晴らしい信頼関係を築けたと思います。

TOFの件、一番辛いのはkeiさんだと思います。自分が納得出来る方法でRDと向き合っていって下さい。
すごくくさい話ですが、マシンにも気は伝わると思っています。中途半端な気持ちで組んだマシンはやはり中途半端なマシンになってしまいます。

私はレースにはかなり厳しく、真剣なレースで自分が乗るマシンは他人に整備させたく無い方で、安心してすべて任せられる方は数人しかいません。

TOF出場にあたり、短い期間でしたが一緒に仕事をし、keiさんもその数人の中の一人と思っています。
また私が出きる事が有れば喜んで協力させて頂きます。

大切なマシンを委ねて頂きありがとうございました。

投稿: tatsuya | 2006年11月11日 (土) 04時13分

三平さん>
な~に、もともと年に一回ぐらいしか出られなかったRDですから1~2回休むだけのこと。そうしたらまたパワーアップして再登場ですよ!
「ストレートで800ccをブチ抜く」という目標、まだ達成していませんし。

>もし、お時間があれば、私のRDを見て頂けたらと思います。

いままでいろいろなマシンとライダーを見てきましたが、正直なところ一番難しいのが三平さんの乗り方をきちんと理解し、セッティングを合わせ切る事だと思っています。まだ謎の部分が多いです...(笑)
でも一度は一緒に表彰台のてっぺんに、ですよね!

tatsuyaさん、
「ありがとうございます」以外言葉がみつかりません。次に乗って頂く時には必ずtatsuyaさんが心置きなく暴れられるマシンに仕立てます!
私も自分のRDを託せると思っている方はほんの数人しかいませんが、tatsuyaさんは間違いなくその一人です!

投稿: Kei | 2006年11月11日 (土) 06時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105194/12613310

この記事へのトラックバック一覧です: 来年は...:

« ケビンさん | トップページ | Residual Life - 残存寿命 »