« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

MOTO3-今回は伊那です。

さて、MOTO3伊那大会、行ってまいりました。

今回は平日の仕事の方がとんでもなく忙しい状態の中で、それでも何とか2台体制で、とがんばりましたがレース当日の午前3時、マシンも8割以上は出来ていたのですが、2台体制を断念、T中さん一台、マシンは猫足ノーマルでの参戦と変更いたしました。

ただ、今回もKei's Racingエキゾースト装着車がクラス4台、そのうち一台優勝(Tatsuyaさんおめでとうございます!!)、一台入賞!又自分達のマシンの車検時音量測定でなんとほぼ直管のレースマフラーにもかかわらず余裕の91dbが確認できたのは収穫でした!!

今回のテーマはまず2台体制用に用意した小型の工具セットと最低限のパーツが間違いなく現場で機能するか、抜け漏れは無いか、そしてあとは伊那の景色を楽しみながら思い切り楽しむ事と極めつけは伊那のローメンを食べて帰ること。(実際には帰らずそのまま宇都宮まで出張ですが...)

少し遅めに現地着。10knotさんのご好意に甘え隣にマシンを置かせていただきます。急いで保安部品を外し車検を通したらすぐにプラクティス!

プラクティスはまず体を慣らしながら初めてのコースに慣れる感じでヨシ、と思っていたのですがT中さん、変わりました。前日まで私が軽く足を合わせたRD400で北海道にツーリングに出ていたのですが、そこでいろいろ乗り方を工夫してみた様で、あきらかにスムースでペースに乗れてます。ただここはノーマル車という事に加えここのところのMOTO3のレベルアップは目を見張るものがあり、無理なペースアップは危険なのでまずは納得行くまで自分のペースで走ってもらいます。

その後本人の希望によりハンドル形状変更。又路面温度を考慮しリヤダンパー圧側を若干締めヒート1に送り出す。あとは本人の好きな様に乗ってもらってこちらは高見の見物だけどT中さん、さらにリズムが良くなっている。これなら楽しいだろうな~(体内の虫がウズウズ...)ちなみにピットに帰ってきた時のタイヤ温度は40度。これは11月の筑波ってとこですね。

今回は結果はとやかく言いません。ということでとりあえず納得行くまで走れる様全体を確認、あとはスポンサー様方のステッカーを晴らせて頂き、いよいよ決勝を迎えます。

決勝はお互いラインをクロスさせてしまう様なところもあり、トップグループの皆様にご迷惑をおかけしてしまいました。申し訳ありませんでした。

結果は最後尾、けど順位よりT中さんの走りが明らかにかわり、きれいなつながりが見えてきた方がウレシイです。(T中さん曰く、「これはライダーを育てるマシンです」なんとうれしいコメントでしょう!)

そろそろシャッキッ!とがんばりたいので今から対策。,,,,,,といったところで次回につ。づ。く。

Tatsuyaさん、Tetsu(石、又はゾンビ)さん、おめでとうございます。1コーナーのライン、いい勉強させて頂きました。で、tetsuさん、T中が当たってしまってすみませんでした。本人は「当たってすぐ手を上げて”OK”って行ってくれて良かった」と申しておりましたが、「私にはF(ピー)CK YOU!」にも見えましたが...どちらだったのでしょう......

さて、シーズンも残りあとわずか。次回の準備がんばりまっしょ!!

余談ですが、伊那にいる友人としっかりローメン食べて来ました。w

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

Words that I like

I sometimes say words that I like.

"Making impossible a possible is my job,"

Today I got major problem at my weekday job. It first seemed that tere is no way we can get throught this issue, but finally, My coreagues in Spain, Germany, Korea all woked togrther and it seems now we have a way.

When our project leader called me from Germany concerning current status about this issue, I told him we have a hope nad said, "Hay! you know, making impossible a possible is my job!" and he said "Yo!! Thank You!!"

Today was a hard day but I difenitely had some fun of problem solving.................

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

忘れ得ぬストーリー

今年も8月15日がやってきました。この時期、毎年思い出す忘れ得ぬ話があります。私の母は今は病で入院しており、その真偽を確かめる術はありませんが、小さいころ、良く南の空を見ながら話してくれました...今も家には零戦の操縦席で微笑むパイロット達の写真が何枚か残っています。

私の母は太平洋戦争も敗色濃くなった昭和19年、看護婦として台湾の高雄に着任致しました。着任とほぼ同時に乗ってきた輸送船が空襲で撃沈され、その後も連日機銃掃射を浴びるほどの激戦だったそうです。

母のいた病院は海軍の戦闘機隊(と言っても恐らく特攻隊でしょう)と高射砲陣地のすぐそばであった為、海軍の方の入院患者が非常に多かったそうです、そしてその中に、長期入院をしている若いパイロットが一人いたそうです。当時20歳そこそこだったはずの母が「子供のよう」と言っていた記憶がありますので、恐らく10代の若いパイロットだったのでしょう。非常に明るい子で、皆ともとても仲良くしていたそうです。

やがて彼も治療の甲斐あって全快し、退院の運びとなったのですが、そのほんの数日後.....

なぜそれが彼の愛機とわかったのか、事前に挨拶に来たのか、顔が見えるほどの超低空飛行をしていたのか、又は機体番号を教えていたのか、今となっては知る由もありません。ただ、それは紛れも無く彼の乗る零戦だったそうです。腹には2番弾(250kg爆弾)を抱いて....

時に昭和20年8月14日夕刻。彼の零戦は別れを惜しむように病院の上を繰り返し繰り返し旋回、やがて夕焼け迫る南の空に消えて行き、2度と帰る事は無かったそうです。患者とはいえ母達にとっては激しい空襲の中を共に生き延びてきた友人も同様の彼、その彼が全快と同時に、しかも終戦前日の夕刻に、何故逝かなければならなかったのでしょう...

今もこの話をする時は涙をこらえる事ができません.....

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

バルブとの戦い

やーっとやや”ムフゥッ”のエンジンが組みあがりました。当初予定のファンネル使用は雨天時に思ったより泥が入り込むのでとりあえず見合わせて、その変わり「へぇ~へぇ~www」のアイテムを入手。圧縮比も結構キワキワ。ただバルブ曲げなきゃ良いけど。

んで、昨日からリヤショックのリバルビングに取り掛かりました。仕事で主に取り扱ってるのは比較的簡単な「Degreiive」特性なんだけど二輪はそうは行かない。きれいな2/3乗曲線の中にノウハウがちょいとつまったビミョーさが要求される。狙いははっきりしているけどこの何十枚のバルブシムをどう重ねて良い~感じを出すか。悩みます。

そー言えばキットに入っていた赤い液体、グリスだと思ってシールに塗ったらねじロックだったぞー!シールがきれたらどうしてくれる!!(--;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

医者とメカニック

今日、新しい医者に行ってきた。理由は簡単、「以前お世話になっていた先生が急に入院してしまい、病院が閉院となってしまったからだ。

新しい病院は表参道で見つけた。前の先生からの申し送りを持って診察を受けた。そこで思ったこと...「あ、医者もメカニックも変わらないな」。もちろん基本は一つだと思う。当然薬の性状なども。ただその基本を踏まえたうえで各先生が自分なりの考えを持ち、手持ちの駒(要はお薬です)を組み合わせていかに患者を回復させてゆくか考える。薬に対する患者の反応は多少のばらつきがあっても多分狙った効果に対しては1:1対応だと思う。そう考えるとこれってホントにライダーとメカニック。基本と、あと与えられた条件を駆使していかに結果につなげるか。基本は一つでも方法は多種多様。ここが各人の腕の見せ所。

なんかそう考えて、病院と言うものにな~んとなく親近感がわいた今日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

My Important Friend in US,

As you may recognize when you see my RD400 and my team shirts, there is a logo "Pro-Flo".

My former crew chief Mr. Mike Valaso is the one who taught me a basic thinking of mechanic, and a former president of "Pro-Flo", Mr. John Ritter is the one who taught me all the detailed technology for RD400 that he found out of his over 30years experience racing with RD400. I can say that I would not be at current position without all the kind support of Mr. Ritter.

A few days ago I received an e-mail that he is suffering arthritis all over his body.

I really wish that he will be well soon. I assume many US two stroke rides know the name of Pro-Flo. I would be glad if all the Pro-Flo fans would pray for Mr. Ritter's health!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »