« GPメカとレースメカ | トップページ | 閑話休題Part2 »

2006年7月 4日 (火)

ジオメトリー

今日はちょっとジオメトリーのお話し。
Kei's Racing Garageではレースベースに使う車両は全て車体ジオメトリーとアライメントを測定してCADに入れ、それと前後輪換算スプリングレート、レバー比変動、荷重-反力曲線、空車と1G沈下時のジオメトリーをチェックしてから車両仕様の計算に入るのですが、今回D-Trackerをいじり始めるに当たってジオメトリーをチェックしてビックリ!!うーん...
もちろんメーカーの設計した物なのでちゃんとつじつまは合わせてあるはずだけど、このジオメトリーじゃフロントに外乱入った時ちょっと恐いな~という感じ。まあ、オフ車ベースの17インチだとこんなモンだとは思うけど...ちょっと気になって他の国産モトクロッサーなどを調べて見ると...あーやっぱり同じ。ちょっと前のMOTO1の某選手の転倒シーンを見てウン、納得!といった寸法。
で、最近のヨーロッパ車は始めにモタードありきで、それをベースにモトクロス車両を開発していると聞いたことがあるので早速カタログを入手し寸法をCADに打ち込んで見ると...おー。なるほど。確かにまずモタードありき、の寸法ですね~。この寸法ベースにモトクロス車両にした場合、タイトコーナーでの回頭性に多少厳しさがあるかもしれないけど、クラッチワークとリヤのスライドでごまかせる範疇だし、エンデューロなどまで考えると直進安定性のメリットの方が大きそうだ。

そうなると、本当はRDレーサーの様にアッパー/ロアークランプを作りなおしてやりたいが「適価で、理にかなった設計で、街乗り可能なボルトオン」がD-Taracker部品開発のコンセプトなのでちょっとコスト的に厳しそうだ。ならば、「ごまかし」ではあるが他のアイデアで行かなければ...という事でただいまレイアウト検討中。
この辺の寸法は結構シビアで、以前友人がギャップで前転してケガしたり、コーナーでフロント持っていかれてコケる、と相談受けた時もこのあたりの変更をアドバイスして、しっかりと直りましたです。そういう言う意味では、DR-Zでちゃんとこの辺を最適化してきたスズキさん、偉い!!

モタード車の車体ジオメトリー、まだまだ煮詰める余地アリ!と思います。
今後が楽しみですね~。ふっふっふww

|

« GPメカとレースメカ | トップページ | 閑話休題Part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105194/10791220

この記事へのトラックバック一覧です: ジオメトリー:

« GPメカとレースメカ | トップページ | 閑話休題Part2 »