« Kei's History | トップページ | My Important Friend in US, »

2006年7月28日 (金)

Kei's Racing Garageのツール(その2)

先週末、やっとパソコンを前に買っておいたものと入れ替えました。
で、この際だからサスペンション計算のソフトもアップグレードする事を決定。今までの物もリンク比やスプリングレート、リンクにかかる力などいろいろ計算出来て重宝していたのですが、リヤのリンク周りだけの計算ソフトだったのでフロントの荷重-反力や車両の姿勢などは自分で組んだ簡単な計算式とCADで検討でしていました。
今回導入するものは、今までの機能に加え、フロントフォークの荷重-反力曲線や前後ストローク時の車体姿勢に加え、加速したときやスプロケットを変更した時の車体姿勢への影響がシミュレート出来る優れものです。もっとも車体の重心測定やフロントフォークのエア容量は実際に測定して入力しなければならないんですけど、まぁ、内部の寸法だけから計算する今の自分の計算式より正確に計算する事が出来るのでヨシとしましょう。
加速Gも入力する必要がありますが、これはシャーシダイナモで測定したトルクから計算すると言うことで。
正直なところ、ここまでのソフトが必要かというと、クリッピングポイント付近で撮った写真が一枚とライダーのコメントがあれば結構いいところまで手計算でいけるんですけどね。
ただ、今まで感覚に頼っていたスプロケットの影響やブレーキングからクリッピングまでの姿勢が数値として出せるところなんかは魅力的ですね~。もちろんダンパーでのエネルギーキャンセル分は計算に入れないのでバネ上の運動エネルギー分若干の誤差は出るでしょうけど。

ついでに今までほとんど使ってなかったリブレットに修正係数やメインジェット、ニードルの計算式を入れてレース場に持っていこうかな~、なんぞと考えている今日この頃。
あ、あと今度は長い間眠っている4ストエンジンシミュレーションにも起きて頂いてDトラのバルブタイミングなんぞ計算してみましょう。
あと残っているのはエアボックスの脈動計算ですが、こいつぁ~私の頭では難し過ぎる。多分スピーカーボックスの音響効果の考え方を応用すればいけると思うんですけどね~。
識者の意見求む!!

|

« Kei's History | トップページ | My Important Friend in US, »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105194/11125937

この記事へのトラックバック一覧です: Kei's Racing Garageのツール(その2) :

« Kei's History | トップページ | My Important Friend in US, »