« 海外からの訪問者 | トップページ | MOTO1第二戦 »

2006年6月 9日 (金)

悲しい出来事...

昨日の午後、家内からメールがあった。「マン島で日本人死亡」とある。
「前田さん?!」そうでない事を祈りつつ家内の送ってきたアドレスを開いた。
予感は的中していた。

前田 淳 選手。享年38歳。

5月29日のマン島TT、プラクティスセッションで他のライダーと衝突、6日に息を引き取られたと言う。

1992年。当時勤めていたTwo Brothers Racingに日本のチームから「AMAのSS600に出たいのでマシンを作って欲しい」という依頼があった。
その時、チーフのマイク、ベラスコから初めてSS600用CBR600のエンジン組立てをまかせてもらった。
マイクと「日本人のライダーだから、見えないところに日本語で応援メッセージ書こうぜ!」とクランクケースの中に大きく漢字で「必勝」と書いてエンジンを組んだ。
そうして出来あがったマシンをチームのマシンと共に積み込みディトナへ出発。
引渡しの時にチーム監督と一緒に現れたライダー、それが前田選手だった。
第一印象は「なんとなく華奢な感じ子」だったのを覚えている。
レースでは、確か予選でクラッシュ、我々のTカーを借りて決勝を走った。自分もその時は自分のライダーで手一杯だったので残念ながら前田選手の順位は覚えていない。

やがて時が経ち、前田選手がマン島へ挑戦している事を雑誌で知った。立派な体格、そして勝負師の顔立ちになったな、と思い、いつも雑誌のレース参戦記を読んでは影ながら応援していた。
10年以上前の一見習メカニックの事、前田選手はきっと覚えていなかっただろうが、自分にとっては初めて自分が組んだCBRエンジンで走ったライダー、忘れた事は無かったしこれからも忘れる事は無いと思う。
大島 正選手の時もそうだったが、ほんのわずかでも自分と接点の有ったライダーが逝ってしまうのはとても悲しい...

前田選手の御冥福をお祈り致します。

I sudeenly received an e-mail from my wife that says "A Japanese rider has lost his life in Manx TT race"
"Jun Maeda?!" I hoped it would not be him, and opend a link that she sent me.
Unfortunetely, he was the one.

Jun Maeda - Japanese Manx TT Hero, 38 years old.

He crashed with another rider during 29-May practice sesion at Manx TT, passed away on 6-June.

In 1992, Two Brothers Racing, where I was working for at that moment, received one phonecall from Japanese racing team requesting building one CBR600F race bike for AMA SS600.
That was the first time ever my crew chief Mike Velasco let me build CBR600 race engine.
I discussed with Mike about writing Cheering message in Japanese somewhere that people won't find out, and wrote "Hissyo! (Must Win!)"in its crankcase.
After we arrived Daytona, a team manager and a rider showed up to pick up the bike. That rider was Jun Maeda. My first impression was "rather skinny kid and does not look strong" If I remember correctly he unfortunately crashed in qualify session and ran our T-car for main event.

After years, I read Mr. Maeda's effort for Manx TT racing on one motorcycle magazine. He already looked strong and had a face of  profesional.
I had been hoping he gets  good result since then.
I was just one of trainees when I met him, thus I assume he did not remember me, but I never forgot him and will never forget him. He is the one who rode the CBR600 with the engine I first ever built.

I woiuld like to express my deepest sympathies with Jun Maeda’s family and friends at this sad time, and also would like to pray for the repose of his soul.

|

« 海外からの訪問者 | トップページ | MOTO1第二戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105194/10447701

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しい出来事...:

» 新聞読んでびっくり [達也の日記]
会社の3時休みに、家から持ってきた一日遅れの新聞を読んでいたら何やら見覚えのある名前が・・・『マン島TTレースに日本人選手として参加していた前田淳さん(38)が予選走行中 [続きを読む]

受信: 2006年6月10日 (土) 01時44分

« 海外からの訪問者 | トップページ | MOTO1第二戦 »