« TOFで学んだ事(その2) | トップページ | 久々に行って来ましたツーリング! »

2006年4月23日 (日)

がんばれノリック!!

先日、家内が「HPで見たけど、ノリ君、最近良い結果が出なくて結構悩んでるみたいよ、応援書き込んであげたら?」と。

最近テレビなどでWSBを見た時などもなんか彼らしくないな、とは思っていたがHPを見てみると確かに歯車がかみ合わず悩んでいる感じだ。彼に苦しい表情は似合わないのに...

ノリ君に会ったのは彼が小学校3年の頃。自分はまだ学生で、彼のお父さんが当時開いていた用品屋さんに週一回立ち寄ってはノリ君、お兄さん、お父さんと一緒に多摩川にミニモトに乗りに行っていた。

自分が就職してしばらくした後、お父さんに御挨拶に伺ったら「ノリは今ミニバイクレースやってて、将来はGPに行きたいなんて言ってるんだよ」といわれていた。

次に会ったのはアメリカ修行出発前。丁度自分もAMAのレースに旅立つ前だった。いつのまにか見上げるぐらい背が高くなっていた。アメリカに渡って、自分がツーブラザーズで修行している時にも一度会ったが、見知らぬ土地でもニコニコと楽しそうにしていた。

アメリカから帰ってきて筑波の1ヘアピンで彼の走りを見た時、その、他とは一線を画するマシンコントロールに、AMAで目の当たりに見てきた元GP500世界チャンピオン、フレディー、スペンサーの走りとイメージが重なった。「彼は行ける!」と思った。

次に会ったのは93年の鈴鹿。自分はスーパーバイクのメカニック、彼は500ccのライダー、既に全日本チャンピオンを狙うところにいたが、それでもいつも「バイクに乗るのが楽しくてたまらない」と言った感じでニコニコしていた。

一昨年だったか、家内と出かけたもてぎのMotoGP、お父さんに聞いたらあまり控え室の外に出てこないとの事だったので家内とサイン会に並んで会った。「久しぶり~」と声をかけると「あ~!」と言って昔から変わらぬ笑顔で笑った。

彼のデビューの頃はアメリカンライダーが全盛、ダートトラック出身のライダーが世界のレースを席捲していたが、今、マシン作りの方向性は変わり、125、250とステップアップしてきたヨーロピアンライダーが主流となってきている。自分はAMA、全日本までしか経験が無く、MotoGPやWSBの様なハイレベルのレースはは全く想像のつかない世界だが、もしかしたら乗り方とマシンの方向が合わないのかもしれない。又、自分の乗り方のイメージがスタッフにうまく伝わらず、苦労しているのかもしれない。

もちろん、今彼のいる世界がどれだけ厳しい世界かだけは想像がつく。ただ、それでもやっぱりあの「バイクが楽しい!」という笑顔、周りが思わず「あの子を勝たせよう!」と一生懸命になる笑顔を忘れないで欲しい。そうすれば、きっといい結果がついて来ると思う。WSBには、長年は走り続けているベテラン達もたくさんいる。まだまだこれからだ!

がんばれ!ノリック!

|

« TOFで学んだ事(その2) | トップページ | 久々に行って来ましたツーリング! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105194/9734852

この記事へのトラックバック一覧です: がんばれノリック!!:

« TOFで学んだ事(その2) | トップページ | 久々に行って来ましたツーリング! »