« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月11日 (水)

ブリッテン

一昨日、ケーブルTVのディスカバリーチャンネルで「最高のバイク」(だったと思う)という番組をやっていた。その中で出てきた1台「ブリッテン」。ニュージーランドに住んでいたジョン、ブリッテンという方が全てを個人で作り上げたオートバイだ。90年代に作られたマシンだが、その素晴らしいデザインは今も色あせない。

1992年のディトナ、そしてラグナセカ、当時勤務していたTwo Brothers Racingのクルーとしてピットにいた私はそこでブリッテンの走りを目の当たりにした。その鮮やかなカラーリングと驚異的なスピード。特にラグナセカ、最終コーナーを立ちあがるなりウィリーして1コーナーの方へ消えて行ったブリッテンの姿は今も目に焼き付いている。その後、ブリッテンがマシンの市販を始めると雑誌で読んだ私はすぐに「ブリッテンで働きたい!」とFAXを送ったが、彼からの返事は「申し訳無いが今はまだ人を雇える状況ではないので」というものだった。その数年後、彼は病で急逝してしまう。

当時は、例え個人の製作とは言え自分の設計した物を専門の工場に依頼して製作し組み立てている物だとばかり思っていたがその更に後、「One Man's Dream」というブリッテン製作の記録ビデオを発見。購入してみて驚いた。鋳造からカーボンファイバーの製作まで正に全て手作りではないか!

今回、あらためてテレビでブリッテンの事を観て、これらの事が次々と頭に浮かんできた。今、バイクはどんどん先鋭化し、個人では手を触れにくいものになりつつあるが、しっかりとした発想と技術、そして熱意があれば個人でもこれだけ素晴らしい仕事が出来る!あらためて考えさせられた一時だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

Kei's Racing Garageのツール

Dsc00480 <- リンク比計算ソフトです

今日はKei's Racing Garageでの開発について少々。
Kei's Racing Garageでは2000年からRDでのレース活動、又昨年からはD-Trackerでモタードへのトライを始めましたが、これらKei's Racing Garageでの活動は全て細かいデータ測定と入念な計算に基づいています。
Dsc00482

こんな感じにリンク特性を書き出しますー>

例えば新しい車種を手がける場合、まずは車両の全ジオメトリーを計測、これをCADに入力して何処をどう変更すれば最適なジオメトリーになるかを図面上で入念に検討したうえで部品の製作やセッティング変更に取りかかります。リヤのリンクについても寸法を測定しこれを専用のソフトに入力、リンク比を計算した上でセッティングを開始すると言った具合です。

Dsc00484 <-こちらはCADでのジオメトリー検討。

どんなモディファイをするにしてもまずはベースになるものがどの様な寸法で作られ、どの様な特性を持っているかを理解した上で全体のバランスをしっかり検討しなければ良いマシンはつくれません。
昨年末には「猫足」メニューを発表しましたが、これもD-Trackerのもつ特性をしっかりと検討したうえで、最小限のモディファイで「楽しい」バイクとする事を狙った物です。
しっかりとした基礎検討と計算、これがKei's Racing Garage「楽しい」バイク作りの原動力です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

今年も宜しくお願い致します。

皆様、遅ればせながら、あけましておめでとうございます!

正月にモチ食べて、猫足1台仕上げて、あと頭を真っ白にしてリラックスしていたら気付けばもう6日、けどたまには頭真っ白にしてボーっとする時がないと次の発想が生まれて来ません(とボーっとしていた自分に言い聞かせています)

先日、モタードレース参戦しているtatsuya氏のご好意で氏のD-Trackerに乗せて頂き、非常に感銘を受けました。今までに味わった事のない感触で、最初は硬く感じるけどコーナーで荷重を載せるとしっかりとした接地感を感じさせながら狙ったラインより一つ内側を一気に回り込んで行く感じ。氏が以前GP125のマシンに乗っておられ、そのイメージでこのマシンを仕上げてこられたと伺い納得。自分では未経験の125マシンを疑似体験できたような感じです。そしてエンジンはスロットルを開けると間髪入れず矢の様な加速。これをきっかけに、新しいセッティングのイメージが生まれそうです。

今年も引き続き「楽し"い"バイク乗ってますか?」をキャッチフレーズに、新しいトライを続けて行きたいと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »